今年の春季愛知県大会は、東邦vs愛工大名電と愛知を代表する私学同士が決勝戦を戦ったが、公立校にも好選手が多い。

 愛知商のエース・岡田 雅樹投手(3年)は春の地区予選で、中京大中京相手に好投を見せ、さらに県大会では栄徳を破り、ベスト8の原動力となった。進学校・時習館のエース・安田 拓真投手(3年)は県大会2回戦で準優勝の愛工大名電相手に8回4失点。負け投手となったが、県内で圧倒的な実力を示す愛工大名電にこれほどの投球ができたのは夏へ向けて大きな試合となった。

 野手ではヤクルトの小川泰弘投手を輩出した成章から首脳陣から最もセンスが良いと高く評価されている白井 寛人外野手(3年)、伝統校・半田のスラッガー・川尻 大翔外野手(3年)は中学時代から評判のスラッガーで、本塁打も多く量産。夏の活躍が期待されている。

 そんな4選手の詳しい寸評は選手名鑑で掲載!

強豪2校を抑える快投。愛知商のベスト8進出に貢献した本格派右腕
岡田雅樹(愛知商)

県内屈指の進学校に現れた実力派右腕。この春は愛工大名電相手に好投
安田拓真(時習館)

ヤクルト小川の母校・成章にいる好打者
白井寛人(成章)

伝統校・半田にいる本塁打量産中のスラッガー
川尻大翔(半田)

新設された注目選手コーナーは日々更新中!各都道府県別ページ内からご覧いただけます。



スマートフォン版


パソコン版