トーナメント表
県大会の組み合わせ

トーナメント表
鹿島学園、水戸啓明などが属する水戸地区
日立一、佐和などが属する県北地区
常総学院、霞ケ浦などが属する県南地区
下妻二、つくば秀英などが属する県西地区

県大会出場校一覧
春の茨城県大会出場校の顔ぶれ

関連記事
【選手名鑑】茨城県の注目選手






 18日に春季大会の組み合わせが決まり、いよいよ茨城県でも県大会が開幕する。厳しい地区予選を勝ち上がった精鋭と、明秀日立など昨年秋の4強が、春の県王者を目指して熱戦を繰り広げる。各試合でどういった試合を見せてくれるかは楽しみではあるが、今回は茨城県大会での活躍が楽しみな選手たちを独自にピックアップした。

 センバツでも奮闘した明秀日立を筆頭に、名門校や秋季大会で結果を残したチームの主力メンバーが並んだ。春季大会ではどんな活躍を見せるのか。新たな逸材が登場するのか。春季大会の行方とともに注目したい。

明秀日立
猪俣 駿太投手(3年)
183センチの長身から角度を付けた投球が持ち味の本格派。打っても恵まれた体格を生かした力強い打撃が光る二刀流選手。

石川 ケニー外野手(3年)
金沢監督からの信頼も厚い主将。豪快なスイングが目立つスラッガー。

小久保 快栄内野手(3年)
伯父はソフトバンク2軍監督の小久保裕紀さん。188センチの長身ながら、三塁守備は軽快。さらにウエイトトレーニングで培ったパワフルな打球を放つことも魅力。

藤代
新関 颯太投手(3年)
昨年秋の県大会準優勝の原動力。打たせて取る粘り強い投球に注目。

土浦日大
吉次 悠真外野手(3年)
世代を代表する逸材。逆方向にホームランを打つパンチ力と、俊足を生かした高い守備力が光る。

下妻一
・大野 太聖内野手(3年)
バランスの取れた体型をしており、鋭いスイングで快音を響かせる。

・冨澤 拓翔投手(3年)
昨年秋ベスト4進出に貢献した左腕。打たせて取る巧みな投球に期待。

霞ヶ浦
山田 大河投手(3年)
洗練された投球フォームから、キレのある球を次々と投げ込み、打者を封じる本格派左腕。

赤羽 蓮投手(3年)
187センチの恵まれた体格から投げ込む大型投手。最速143キロを計測する真っすぐを軸に、フォークやカットボールなどの変化球も光る。

水戸商
鯨岡 遼雅内野手(3年)
50メートル5.9秒で駆け抜ける俊足に加えて、広角に長短打が打てる器用な打撃が持ち味。

平山 颯士投手(3年)
最速142キロを計測するというキレのある真っすぐを主体とした本格派投手。

水城
小口 竜久斗内野手(3年)
162センチと小柄ではあるものの、シャープなスイングから、力強いミートができる好打者。

大塚 柊哉投手(3年)
投打でチームを支える水城のキーマン。投げては横回転のフォームからスピンの利いた球を投げ込み、打ってはシャープなスイングで打ち返す打撃が持ち味。

鹿島学園
大川 塁投手(3年)
2021年の夏の甲子園も経験したエース。躍動感あるフォームから、140キロ前半の速球を投げ込む。

高久 塁捕手(3年)
無駄の少ないフォームで、球に対して最短距離でミートする。捕手としても巧みなリードが光り、巧打の捕手として春季大会以降も注目が集まる。

小池 一輝投手(3年)
左スリークォーターから、真っすぐとスライダーを巧みに混ぜてテンポの良い投球が光る。

常総学院
太田和 煌翔内野手(3年)
2021年のセンバツの経験者。U-12代表にも選出された実績を持つ守備力の高さが光る名手。

バルザー・ブライアン投手(3年)
下級生ながら、秋季県大会では151キロをマークしたといわれている逸材。