いよいよ18日から2022年第94回選抜高校野球大会(阪神甲子園球場)がスタートする。1924(大正13)年から開催された大会は今年で94回目。過去、選抜されたチームの歴史を全国47都道府県別に振り返ってみる。

 今回は宮崎。今年のセンバツ出場はできなかった。昨年秋の県大会では小林秀峰が優勝し、準優勝の日章学園とともに九州大会に臨んだが、ともに初戦敗退した。

過去、宮崎でのセンバツの出場回数上位ランキングは以下の通り。

<宮崎センバツ出場回数上位ランキング>
1位 日南学園 5回
2位 高鍋   4回
3位 延岡学園 3回
3位 宮崎商  3回
5位 延岡工  2回
5位 日南   2回

 宮崎県勢のセンバツ初出場は、第34回(1962年)大会の高鍋。第67回(1995年)大会に初出場した日南学園が、ここまで最多の5回出場を果たしている。

<宮崎21世紀枠出場校と結果>
2007年 都城泉ヶ丘

 宮崎県勢の21世紀枠での出場は都城泉ヶ丘だけ。狭いグラウンドながら工夫した練習で成果を収めたことが評価されて選出された。初戦で桐生第一(群馬)に2対0で勝利。21世紀枠出場チームで初の完封勝利だった。2回戦では大垣日大(岐阜)に1対4で敗れている。

 センバツの勝利数上位ランキングは以下の通り。
1位 日南学園 5勝(8強2回)
2位 都城   3勝(4強1回)
2位 高鍋   3勝(8強1回)
4位 延岡工  2勝

 宮崎県勢のセンバツ初勝利は、第38回(1966年)大会の高鍋。初戦で徳島商に6対1で勝利した。宮崎県勢の最高成績は、第56回(1984年)大会に都城が3勝して進んだ4強となっている。

第56回大会=都城
1回戦:4-2 和歌山工(和歌山)=延長10回
2回戦:3-1 私神港(現・神港学園=兵庫)
準々決勝:3-2 愛工大名電(愛知)
準決勝:0-1 PL学園(大阪)=延長11回

 都城が左腕エース田口竜二投手(元ダイエー=現ソフトバンク)を擁して4強まで勝ち上がった。3試合連続完投で勝ち進んで挑んだPL学園との準決勝では、リリーフした桑田 真澄投手(元巨人)と投げ合うなど接戦も、延長11回2死一塁、桑田の飛球を隈崎正彦右翼手が落球してサヨナラ負け。甘いマスクで人気があった田口の悲運に、ファンレターが殺到したという。この年の夏甲子園にも出場した都城。落球した隈崎は、初戦で本塁打を放つ活躍で初戦勝利に貢献している。

 

 宮崎県勢のセンバツの通算成績は16勝28敗。都道府県別勝利数ランキングは38位。第82回(2010年)大会に宮崎工が初戦突破して以来、第84回(2012年)大会から宮崎県勢6連敗とセンバツ勝利から遠ざかっている。