2022年度の大学野球部新入生一覧
東京六大学
東都大学1部
東都大学2部
首都大学野球
神奈川大学野球
関西六大学
近畿学生野球
北海道学生野球


 昨年、春夏で甲子園出場を決めた大阪桐蔭(大阪)の主力選手も続々発表されている。現時点で発表されている選手の進路を紹介したい。

 左腕エースだった松浦 慶斗投手は日本ハムからドラフト7位指名、主将の池田 陵真外野手はオリックスから5位指名を受けた。特に池田はキャンプ、オープン戦でもトップレベルの活躍を示し、完成度の高い打撃を披露するなど評価が急上昇している。

 大学進学者では、ドラフト候補として注目された関戸 康介投手が日本体育大へ。繁永 晟内野手は中央大、藤原 夏暉内野手は青山学院大と、の二遊間コンビがともに東都へ進んだ。藤原は上級生と交じってプレーしており、練習では軽快なグラブさばきを披露し、打撃練習でも鋭い打球を飛ばしていた。強打のスイッチヒッターとして大学でも発揮できるか注目したい。

 ドラフト候補として注目された花田 旭外野手は東洋大へ。ポテンシャルの高さは高卒でドラフト指名された外野手と比較しても負けていないだけに、活躍を期待したい。超俊足外野手の野間 翔一郎選手は近畿大へ。関西学生野球連盟を代表するスピードスターへ成長するか注目していきたい。

 東都へ進む選手は6人で、NPBが2人と進路は豪華だ。大阪桐蔭は、ほぼ全員が野球を継続するので、4月以降も進路が判明した場合に更新する予定だ。

(記事:河嶋 宗一