28日、第94回選抜高校野球大会(3月18日開幕、阪神甲子園球場)に出場する全32校の顔ぶれが決定する。秋季大会の結果などを考慮した上で、全国各地からチームが選出される。そのなかでも毎年注目を集めるのが、21世紀枠の3校だ。

 2022年の九州地区の21世紀枠推薦校へ選出されたのは大分県・大分舞鶴
 県大会では強力打線を武器に決勝まで勝ち上がった。明豊との決勝戦に敗れ準優勝に終わったが、9対10と持ち味の強打で打ち合いを演じた。

 大分2位で出場した九州大会では大島に4対4で引き分け再試合に持ち込むも、再試合で2対3と敗戦。だが九州大会準優勝校相手に好ゲームを展開し、大きなインパクトを残した。

 大分舞鶴のなかでも、2選手が九州大会で好調だった。
 1人は3番に座る都甲 陽希内野手。打率.556をはじめ、OPS1.112と高水準の成績を残し、打線の中心を担った。

 もう1人が1年生の児玉 陽悠外野手。大島と引き分けになった試合では代打での途中出場だったが、2安打をマーク。その後の再試合では2番でスタメン出場を果たし、打線に勢いを与えた。

 スタメンのみならず、控えの選手でも力のあるスラッガーがいる大分舞鶴。これまで春夏通じて甲子園出場実績がなく、今回選出されることになれば、学校として初めて聖地に足を踏み入れることになる。

 昨年秋に県大会からの7試合で50得点をマークした大分舞鶴が新たな歴史の1ページを刻むことができるか。運命の瞬間は間もなくだ。