甲子園出場を目指し、激戦区・東東京で奮闘する強豪・東海大高輪台。投手陣にはヤクルトジュニア、さらに最速142キロを計測する剛腕など力のある選手たちが揃い踏みとなっている。

 ただ野手陣には旧チームからの経験者もおり、能力のある選手が主力として活躍している。
 中心であり、今年のチームの顔である主将・宮田 伝蔵は1年秋から二塁手としてレギュラーを任されている。新チームからは遊撃手として活躍。バッティングでは俊足を活かした多彩な攻撃と攻守の要である。

 また人望も厚く、主将としてうまくチームをまとめあげている宮田を支える形で、副主将には180センチ78キロとがっちりとした大型スラッガーである山岸 温生がいる。

 力強いスイングが光る強打者で、秋季大会でも中軸を任された。さらに遠投105m、50m6.1秒と身体能力が高く、首脳陣も期待するスラッガー。

 もう1人の副主将である福島 颯太は168センチ68キロと小柄ながらも、ホームランを放つパンチ力のある。加えて50m6.2秒で駆け抜ける脚力もあり、ポテンシャルが高い。

 1年生に目を向けると、4番に抜擢されている期待のスラッガー・鯨井 稜眞大城 琉空が主力に座る。
 鯨井はがっちりとした体格をフルに生かして鋭いスイングで、強烈な打球を飛ばす。既にホームランを1本ではあるが記録しており、今後さらに増えていく可能性が秘めたスラッガーだ、

 大城は、1番打者としてチームのリードオフマンを務めるスラッガー。50m6.23秒を記録する脚力で、塁上でも相手にプレッシャーをかける。

 スラッガーが多い東海大高輪台。春はブロック予選からスタートだが、投打ともに充実の戦力で勝ち上がるのを楽しみにしたい。
 そんなスラッガーたちのプレーシーンがおさめられた映像は、高校野球ドットコムの公式YouTubeチャンネルで配信している。

(動画を見る)