PL学園(大阪)からプロ入りを果たし、現在はメジャーリーグの舞台で活躍している前田 健太投手。日米通算150勝を達成し、次は200勝に向かって歩んでいくなか、2021年に前田投手にとって大きな出来事に襲われた。

 右肘靭帯に損傷が見つかり、ケガを治すために右肘再建のトミージョン手術を受けたことで、復帰までに1年から1年半近くかかることになり、長期間離脱を余儀なくされた。

 野球界に長く尽力してきた前田投手にとって、初めてだというケガによる離脱。現在はリハビリ生活を送っているところだが、野球ができないことへの不安や焦りはありながらも、「(2021年は)大変なシーズンでしたが、今は前向きにやっていますので、これがいい経験になると思ってやっています」と前向きに前田投手なりのペースで日々を過ごしているという。

 2月からのキャンプ中に投げられるように現在はリハビリを進めている。「(復帰したときに)良い形で投げられることを想像しながらトレーニングをしていきたい」と確かな目標をもって過ごしており、2022年シーズンの終盤もしくは2023年の復帰を目指している。

 再びメジャーのマウンドで前田投手が躍動することを楽しみにしたい。
 そんな前田投手の単独取材の模様、さらに高校球児たちへのメッセージが収められたインタビュー映像は高校野球ドットコムの公式YouTubeチャンネルで配信している。

(動画を見る)