奈良を代表する名門校である智辯学園天理は、甲子園出場を目指し、毎年、激しい争いを見せるが、昨年はともに全国大会でも実績を残した。智辯学園はセンバツベスト8、夏準優勝。天理はセンバツでベスト4入りした。

 その天理智辯学園の主力選手が同じ大学でプレーすることになった。法政大に進むのは智辯学園のスラッガー・山下 陽輔内野手、天理のクラッチヒッター・内山 陽斗外野手の両主将だ。山下は強打の大型三塁手として注目され、勝負強さ、選球眼の高さが非凡なプレイヤーで、内山も打球速度の速さが光る。

 東洋大には、智辯学園が誇る俊足巧打の植垣 洸捕手、天理のエースだった達 孝太投手(日本ハム1位)とバッテリーを組んだ政所 蒼太捕手が進む。

 県内のライバル校同士で、しかもキャプテン、正捕手が同じ大学に進む構図はかなり珍しい。進学先で4人とも活躍し、大学野球を盛り上げることを期待したい。

(記事:河嶋 宗一