広島2年目の二俣 翔一内野手(磐田東出身)のキャンプ1軍スタートが決まった。

 二俣は抜群の強肩が持ち味で、スローイングタイムは最速で1.79秒を誇り、高校通算21本塁打をマーク。育成1位でのスタートとなったが、2軍では46試合で打率.218、29安打、4本塁打、14打点をマークしていた。

 現在は内野手に転向した二俣。抜群の強肩、脚力、リストの強さは天性のものがあり、今年は素質の高さを1軍の舞台で発揮できるか。

(動画を見る)