昨秋東京都大会では準優勝を果たした二松学舎大附國學院久我山との決勝戦では9回サヨナラで惜しくも敗れ、優勝を逃した。それでも来春センバツ出場校の関東・東京6枠目の候補として2季連続甲子園出場の可能性を残している。現在のチームはロッテ4位・秋山 正雲から背番号1を受け継いだ左腕・布施 東海が大黒柱となりチームを牽引。打線も昨夏甲子園を経験した瀬谷 大夢親富祖 凪人などを中心に力がある。一冬越え、春にはどんな姿を見せてくれるだろうか、注目だ。

【ベンチ入り選手】*2021年秋季東京都大会
1番 布施 東海(2年)投手
2番 押切 康太郎(1年)捕手
3番 岩崎 遥斗(2年)捕手・内野手
4番 柴田 壮太郎(1年)内野手
5番 日笠 礼凰(1年)内野手
6番 菊池 真伍(2年)内野手
7番 柴田 怜英(2年)外野手
8番 大矢 青葉(1年)外野手
9番 親富祖 凪人(2年)外野手
10番 今井 彪雅(2年)投手
11番 宮下 歩夢(1年)投手
12番 渡部 心太朗(2年)捕手
13番 小林 幸男(2年)外野手
14番 藤岡 良祐(1年)内野手
15番 大川 陽人(2年)内野手
16番 杉山 祥吾(2年)内野手
17番 瀬谷 大夢(2年)外野手
18番 重川 創思(1年)投手
19番 中道 晃誠(1年)投手
20番 毛利 拓真(1年)外野手