甲子園を沸かせた名チームを振り返るシリーズ。今回は2017年に3年ぶり2回目の夏の甲子園出場を果たした二松学舎大附(東東京)ナインの主な選手たちのその後を紹介する。(学年は当時)

投手 市川 睦 (3年)=日本大~JR東日本
投手 田中 彗 (3年)=平成国際大
捕手 松江 京 (3年)=桜美林大
内野手 堀川 尚希 (2年)=駿河台大
内野手 平間 陸斗 (2年)=桜美林大
内野手 秋広 涼太 (3年)=中央学院大
内野手 永野 志弥 (3年)=駿河台大
内野手 遠藤 聖生 (3年)=日大国際関係学部
内野手 張本 盛雄 (2年)=平成国際大
外野手 鳥羽 晃平 (3年)=上武大
外野手 永井 敦士 (3年)=広島(2017年4位)~JPアセット証券
外野手 畠山 大豪 (2年)=亜細亜大

 広島に4位指名を受けプロ入りを果たした「4番・左翼手」の永井は、2021年シーズンオフに戦力外通告を受け、2022年シーズンからは社会人野球のJPアセット証券でプレーする予定だ。

 エース左腕の市川は日本大に進学し、巨人ドラフト3位の赤星優志投手らとともに投手陣を支え4年春には4年ぶりの1部復帰へ牽引した。卒業後は昨年の都市対抗にも出場したJR東日本へ進む。

 田中は元KAT-TUNの田中聖さんの弟としても話題を集めていた。最速140キロを超える直球が持ち味で、平成国際大に進んでも速球に磨きをかけた。大学卒業後は社会人野球の舞台でプロ入りを目指す。

 一塁手の秋広は巨人・秋広優人の兄で、中央学院大では4年時、代打の切り札として活躍。明治神宮大会優勝を果たし大学野球で「日本一」を経験した。