東都1部の強豪・日本大学。逸材投手が多く入ったが、野手のレベルも非常に高い。今回は野手について紹介したい。

 森一輝(中央学院)はこの春、8強入り。夏は4強入りに大きく貢献した巧打の捕手。本塁打も打てて、スローイングタイム1.9秒台を計測する強肩捕手として評判の逸材だ。

 南條 碧斗報徳学園)は昨秋から注目を浴びていた強打の捕手で、キャッチング能力、スローイング能力、長打力が揃っており、東都の舞台で輝くことができるか楽しみだ。

 亀井 理央(藤井)も香川県内では名が知られた強打の捕手、大山 和泉(宮崎日大)は主将としてチームをまとめた総合力が高い好捕手。

 内野手では、齋藤 広空日大三)は、U-15代表を経験している内野手。中学時代から守備力の高さは光っていた選手で、日大三では巧打堅守の二塁手として、秋は準優勝、春も関東大会出場を経験。持ち味の守備力の高さを武器に活躍を目指す。平良 一葵(ウェルネス沖縄)も2年春の県大会で活躍を見せた巧打の遊撃手で、運動能力も高く、かなり楽しみな選手だ。

 東 鉄心敦賀気比)は、敦賀気比の東監督の甥っ子で、二季連続で甲子園を経験した巧打の選手だ。大西 智也木更津総合)は、1年生から活躍を見せるアベレージヒッターで、球際が強い遊撃守備が光る。高本 雄大(九州学院)も熊本県屈指の強打の内野手だ。

 外野手では、山中 海斗木更津総合)は青山学院大で活躍する山中選手の弟で兄と同じくバットコントロールの高さが魅力的。

 星 憂芽日大三)は強打の日大三打線を牽引した左の強打者だ。長身で、リストの強さが目立つ打撃、さらに強肩、俊足と三拍子揃っており、大学の舞台でもポテンシャルの高さを発揮できるか。畑中 未来翔鳥取城北)は、前チームから主軸として活躍し、本塁打を量産し、さらに球際の強さが光る守備と、実にレベルが高い。

 飛川 征陽花咲徳栄)は、投打でタレント揃いだった花咲徳栄の主将を務めた。走攻守三拍子揃った外野手として、身体能力も抜群。数年後にはレギュラーも十分狙えるだろう。

 江口 聡一郎北海)は2年秋の全道大会でも本塁打を放ち、強打の外野手として評判だ。尾島 叶大成田)は俊足巧打の外野手として活躍。成田の尾島監督の次男として注目されていた。