この夏、創部以来初めて全国中学校軟式野球大会に出場を果たした葛飾区水元中学校軟式野球部。主なOBには、今年春夏連続で甲子園出場を果たした専大松戸石井 詠己主将や、中央学院大でルーキーながら投手陣の一角を担い、明治神宮大会初優勝へ牽引した清水 一眞共栄学園)など実力のある選手を多く輩出している。

 今年の3年生の代も、関東大会でノーヒットノーランを達成した身長182センチの長身左腕・八津 快洋投手を中心に実力のある選手たちが揃っており、創部以来初の悲願を達成した。高校野球の舞台でも活躍に期待がかかる。

【水元中の主な選手たち】

八津 快洋 投手
小学生の時は金町ジャイアンツで全国大会出場。中学時代も全中出場を果たし関東大会の初戦・常盤平中戦ではノーヒットノーランを達成。身長182センチの長身から130キロ近い速球を投げ込む。しなやかな腕の振りが特長で変化球も鋭く、緩急で次々と三振を奪える左腕として今後も注目すべきだろう。

逢坂 拓未 外野手
「もちろんバッターとしての力はありました。あの子の1番はキャプテンシーです。チームをまとめる能力が今まで見てきた中でも、30年以上みていますがトップクラスです」と水元中の兼子監督は評価している。打線ではクリーンアップを務め、関東大会ではチームトップの打率.400を記録し、全中出場に貢献した。181センチ・84キロと、すでにがっちりした体格で、高校野球の舞台でも活躍が期待される選手のひとりだ。

安藤 佑太 投手・内野手
小学校時代もエースの八津と共に全国大会の舞台を経験。投手・内野手を兼任し、力のある直球をコーナーにつく。チームの4番として打線でも中軸を担った選手だ。

築田 駿翔 投手
打線ではリードオフマンも務め、コントロールがよく先発投手として試合を作れる投手。