甲子園を沸かせた名チームを振り返るシリーズ。今回は2009年夏に今宮 健太を擁し夏の甲子園ベスト8進出を果たした明豊ナインの主な選手たちのその後を紹介する。

投手 山野 恭介 2年(広島-香川オリーブガイナーズ派遣)2010年育成1位
捕手 阿部 弘樹 3年(別府大-和歌山箕島球友会 現:マツゲン箕島硬式野球部)
内野手 砂川 哲平 2年(駒澤大-セガサミー)
内野手 今宮 健太 3年(ソフトバンク)2009年1位
内野手 稲垣 翔太 1年(Honda熊本)
内野手 篠川 拓也 2年(同志社大-日本製紙石巻)
外野手 平井 徹 3年(別府大-和歌山箕島球友会 現:マツゲン箕島硬式野球部)
外野手 河野 凌太 3年(日本経済大-三菱重工長崎-三菱パワー)

 2009年ドラフト1位でソフトバンクに入団した今宮のほか、当時2年生だった山野が2010年のドラフトで広島に育成1位指名を受けNPBでプレーした。

 ノンプロでは当時2年だった「2番・二塁」の砂川がセガサミー、1年生ながら今宮と三遊間を組んだ「9番・三塁」の板垣がHonda熊本、「6番・中堅」の河野が三菱重工長崎に進むなど、社会人でも硬式野球を継続した選手が多い。

 そして今年の都市対抗ではセガサミーの砂川とHonda熊本の板垣が準決勝の舞台で対戦。砂川は「9番・三塁」、稲垣は「3番・遊撃」でスタメン出場を果たした。

 また、今宮がマウンドに登る際は遊撃を守った当時2年生の篠川は同志社大を経て日本製紙石巻に進み、現在は主将を務めている。