19日、秋季東海地区大会の抽選会が予定されている。各県上位3チームが参加する今大会。現在開催中の岐阜県以外では代表校が出揃っている。その顔ぶれは以下の通り。

静岡:日大三島聖隷クリストファー静岡
愛知:享栄至学館春日丘
岐阜:8強出揃う 23日に決勝・3位決定戦
三重:三重津商津田学園

 愛知の享栄は6年ぶりの東海大会出場。昨夏は決勝戦で愛工大名電の前に涙をのんだ。この秋は2000年の第72回大会以来22年ぶりの選抜出場を狙う。静岡ではU18日本代表監督経験もある永田 裕治監督率いる日大三島が38年ぶりに秋制覇を達成した。東海大会では名将の手腕にも注目が集まる。

 東海大会は30日に開幕予定。選抜大会の一般選考枠は2枠。決勝進出を果たし選抜の切符を手繰り寄せるのはどのチームか。