過去にリーグ優勝23回を誇る日本大がこの春、一部復帰を果たした。片岡監督が就任して徹底として強化してきたのが走塁だ。東都入れ替え戦では、東洋大、立正大に連勝を収めた。立正大戦との決勝戦ではこれまで磨いてきた走塁が発揮した試合となった。

 リーグ戦直前に取材をすると、日本大は中継プレーや、細かない守備練習に時間を割いてきた。すべては東都一部で勝つために。

 そんな日大は第1戦ではエース赤星優志が完封。第2戦では完封負けをしたものの、春優勝の國學院相手に接戦を演じ、選手の個々の能力の高さを見て、一部で十分戦えると感じたファンも多いのではないだろうか。

 今回の日大の一部復帰の裏側、注目選手のパフォーマンスをまとめた動画は高校野球ドットコムの動画チャンネルで絶賛公開中だ。

(動画を見る)