甲子園を沸かせた名チームを振り返るシリーズ。今回は2016年夏に福岡県大会3連覇を達成し甲子園出場を果たした九州国際大付の主な選手たちのその後を紹介する。

投手 藤本 海斗 3年(ENEOS)
投手 前田 隆誠 2年(青山学院大)
捕手 永岡 大昇 3年(法政大)
内野手 石橋 大智 3年(九州産業大)
内野手 安永 元也 3年(日本文理大-西部ガス)
内野手 尾仲 力斗 3年(ミキハウス)
内野手 鳥井 蓮 2年(横浜商大)
外野手 中山 竜秀 3年(伯和ビクトリーズ)
外野手 山脇 彰太 2年(上武大)
外野手 立石 蓮 3年(日本福祉大)

 エースの藤本 海斗、遊撃手の尾仲 力斗、外野手の中山 竜秀は高校卒業後社会人野球の道に進み、中山は現在も伯和ビクトリーズで現役としてプレーしている。

 5番・一塁手を務めた安永 元也は日本文理大に進学し1年春にDH部門でリーグベストナインに輝いた。この春から福岡県に拠点を置く西部ガスでプレーする。

 法政大に進学した主将で捕手の永岡 大昇は4年秋にリーグ戦初出場を記録した。

 そして当時2年生で2番・中堅手を務めた山脇 彰太は上武大に進学し2年春と3年秋にベストナイン、盗塁王に各2度輝いている今秋の大学生ドラフト候補外野手として活躍を続けている。

 中山、山脇を筆頭に、2016年の九州国際大附ナインの今後の活躍にも注目だ。