【トーナメント表】春季九州地区大会の勝ち上がり

 27日、春季九州地区大会では準々決勝4試合が行われベスト4が出揃った。

 九州国際大付は選抜出場の宮崎商を相手に7対0のコールド勝利で4強入りを決めた。九州国際大付の152キロ右腕・柳川 大晟は8回を8安打6奪三振無失点の好投を見せた。準決勝は興南と対戦する。

 福岡大大濠明豊の一戦は福岡大大濠が4対0で勝利。福岡大大濠の1番・山下 恭吾は7回に明豊の二番手・太田 虎次朗からソロ本塁打を放つなど4打数3安打3打点の活躍を見せた。次戦は具志川商と対戦する。

 準決勝2試合は翌28日に行われる予定

<九州ベスト4>
興南(沖縄)
九州国際大付(福岡)
具志川商(沖縄)
福岡大大濠(福岡)

◇4月27日の試合

第148回 九州地区高等学校野球大会

第148回 九州地区高等学校野球大会
準々決勝 興南    4  -  2    鹿児島実 別大興産スタジアム(新大分球場)
九州国際大付    7  -  0    宮崎商 臼杵市民球場
具志川商    8  -  4    長崎商 別大興産スタジアム(新大分球場)
福岡大大濠    4  -  0    明豊 臼杵市民球場

◇4月28日の試合

第148回 九州地区高等学校野球大会

第148回 九州地区高等学校野球大会
準決勝 九州国際大付    2  -  1    興南 別大興産スタジアム(新大分球場)
具志川商    8  -  0    福岡大大濠 別大興産スタジアム(新大分球場)

■大会の詳細・応援メッセージ
第148回 九州地区高等学校野球大会