甲子園を沸かせた名チームを振り返るシリーズ。今回は2016年春に選抜初出場でベスト8進出を果たした滋賀学園の主な選手たちのその後を紹介する。

徳留 魁人(日本大)
井川 翔(流通経済大中退-滋賀ユナイテッドBC-茨城アストロプラネッツ)
下河内 景太(追手門学院大)
後藤 克基(法政大)
馬越 大地(日本大)
松岡 立城(帝京大)
小浜 崚史(日本大)
山口 竜輝(京都先端科学大)
神村 月光(日本大)
田井 改周(追手門学院大)

 サングラス姿が話題となった2番・遊撃手の井川 翔は滋賀ユナイテッドBCで3年間プレー。2020年からは茨城アストロプラネッツで移籍し昨年シーズン終了後退団した。

 当時2年で正捕手を務めた後藤 克基は法政大に進学。3年時の昨年春季リーグ戦でリーグ戦初出場を果たした。今年から副主将に就任しチームを牽引する。

 バットをぐるぐると回す打撃フォームが印象的だった4番を務めた馬越 大地は日本大に進学。今年で卒業を迎え、現役選手としては引退した。

 この年は選抜初出場で8強入りを果たし、滋賀の勢力図にも大きな変化をもたらした代となった。昨秋は県大会優勝を果たしライバル近江の連勝記録を阻止。近年着々と実力をつけてきている。近畿大会は一回戦敗退神戸国際大附に2対5で敗戦し、惜しくも選抜出場を逃した。この春以降の躍進には期待だ。


関連記事
プロ4名輩出 2016年秀岳館の主力選手たちの現在
エース村上は阪神へ!2016年春Vの智辯学園ナインのその後
快進撃を続け、2016年夏準優勝の北海の主力選手たちのその後