2011年の東日本大震災から10年が経過する。東北地区からは宮城県の仙台育英柴田の2校。そして21世紀枠で八戸西が選出され、選手宣誓には仙台育英島貫 丞主将が務めるなど節目の10年に様々な縁が重なる形となった。

 そんな震災が発生した2011年に選抜で戦ったチームの顔ぶれや戦績を振り返っていきたい。

<出場校と成績>
東北地区:光星学院(現八戸学院光星
2回戦敗退

東北地区:東北
1回戦敗退

21世紀枠:大館鳳鳴
1回戦敗退

 センバツに出場した3校の中で勝利を掴んだのは光星学院のみ。東北大館鳳鳴はともに1点も奪うことが出来ず完封負けで姿を消すこととなった。

 1回戦勝利した光星学院は当時2年生だった田村 龍弘北條 史也などを擁してチーム打率.418という攻撃力を武器に選抜まで勝ち上がってきた。2回戦で智辯和歌山に敗れ上位進出とはならなかったが、大きな意味のある1勝だった。

 今年も東北地方から3チームが選抜に出場する。この3校がどのような戦いぶりを見せてくれるのか楽しみだ。

(記事:編集部)


関連記事
【選手名鑑】北條史也の高校時代の寸評は?
【選手名鑑】光星学院時代の田村龍弘の寸評は?
選手宣誓の島貫主将(仙台育英)はこんなヒト。かなりの実力派!