広島東洋カープの期待の遊撃手・矢野 雅哉(育英出身)。抜群の強肩、スピードを生かした遊撃守備は、首脳陣から高く評価をされている。

 矢野の歩みを振り返ると、守備と走塁という一芸を磨いて伸びてきた選手だ。

 育英時代は、2番ショートもしくは9番ショート。最後の夏は3回戦で滝川第二に敗れており、9番ショートでマルチ安打を記録している。

 当時の育英には好左腕・山本 宵吾(大阪ガス)、俊足好打の強肩外野手・中塚 京佑(東北福祉大)が目立っており、矢野の守備力の高さは玄人受けするものはあったが、決して注目されている選手ではなかった。打順などを見ても脇役の立ち位置だ。

 しかし亜大の4年間で実力を伸ばし、4年間で東都を代表する遊撃手へ成長。そしてプロ入り後もイキのいい動きを見せ、開幕一軍へ前進している。

 現在の高校野球は、体格が良くポテンシャルの高い選手が注目される傾向にあるが、矢野のような小兵タイプでも大人になれば逆転するケースもある。この1年で活躍を見せ、全国に数多くいる高校生内野手を勇気づけることを期待したい。

(記事=河嶋 宗一


関連記事
開幕カードの神戸国際大附 新戦力も台頭
ハイレベルな開幕戦!プロ注目投手擁する北海vs神戸国際大附の見所!
世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト25名