全1年生に肩ひじ検診を実施 岡山県高野連

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.12.05

 11月28、29日の土日を最後に2020年シーズンの対外試合が終了となり、12月からはアウトオブシーズンに突入した。3月の解禁日までそれぞれが鍛錬を積む日々を過ごすが、岡山県高等学校野球連盟では28、29日に1年生を対象に肩ひじ検診を実施した。

 この取り組みは2019年より始まったもので、今年は2回目の開催。前回は投手のみに絞って開催したが、今回は全部員を対象に肩と肘の状態を検査した。28日には北部、東部地区のチーム、29日は西部地区のチームが受診。エコーや可動域などの状態を確認した。

これに参加した岡山学芸館宇地原 丈智は意識の変化があったとのことだ。
「初めて受けましたが、簡単に肩と肘を確認できました。日ごろからストレッチをしていますが、いつケガするかわからないので、しっかりやろうと思いました」

 チーム内でも怪我をしないように再び意識をするなど、意識に変化が生まれたとのこと。佐藤監督も「なかなか気づけないところもありますので、ありがたいですね」と取り組みに感謝の言葉を残している。

 球数制限を導入したことをきっかけに、投手の肩、肘を守る動きが徐々に広がってきた。選手たちの選手寿命を少しでも伸ばすという意味でも、こういった活動が広がっていってもいいのではないだろうか。

【関連記事】
岡山学芸館が4度目の甲子園に行くために直面する課題とは【後編】 【ニュース - コラム】
第166回 4度目の甲子園へ。中国8強・岡山学芸館(岡山)の上位進出のキーワードは『チーム力』【後編】【野球部訪問】
【選手名鑑】U-15代表右腕や北の速球王などブレーク待たれる注目右腕10人を一挙紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
第166回 甲子園3度出場の新鋭・岡山学芸館はいかにして台頭してきたのか【前編】【野球部訪問】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第110回 公式戦が開催できる状況になれば…今年の岡山学芸館は昨年甲子園出場チームを上回る「タレント集団」だ!【高校野球コラム】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
作新学院vs岡山学芸館【第101回全国高等学校野球選手権大会】
岡山学芸館vs広島商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
岡山学芸館vs金光学園【岡山県 2019夏の大会 第101回岡山大会】
岡山学芸館vs倉敷商【岡山県 2017年秋の大会 秋季岡山県高等学校野球大会】
鳥羽vs岡山学芸館【第97回全国高等学校野球選手権大会】
岡山学芸館 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【京都】京都国際、同志社などが代表決定戦へ!<6日の結果・トーナメント表>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る