今年は智辯和歌山、京都国際など3位も強力!過去10年の近畿優勝一覧と出場順位内訳

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.10.16

德丸天晴(智辯和歌山)

 17日より開幕する秋季近畿地区大会。今年も大阪桐蔭天理など近畿常連校が順当に勝ち進み、選抜の切符をかけ熱戦を繰り広げる。昨年度は奈良3位の天理が下克上を果たし頂点に立った。さらに一昨年も京都3位の龍谷大平安が3位校で近畿大会を制している。そして以下が直近10年の近畿大会優勝校と出場順位である。

2019年 天理(奈良3位)
2018年 龍谷大平安(京都3位)
2017年 大阪桐蔭(大阪1位)
2016年 履正社(大阪2位)
2015年 大阪桐蔭(大阪2位)
2014年 天理(奈良1位)
2013年 龍谷大平安(京都1位)
2012年 京都翔英(京都1位)
2011年 智辯学園(奈良2位)
2010年 天理(奈良2位)

 優勝回数は奈良4回、大阪、京都が3回という内訳だった。そして天理が3度、龍谷大平安大阪桐蔭が2度の優勝を果たしており、この辺りの毎年秋から勝てる実力はさすがである。そしてこの3校は1位校として今大会に出場を決めている。

 2年連続で3位校が優勝を果たしている中で、今年の3位校をみてみると、和歌山3位の智辯和歌山が最も力がありそうだ。また、一つ勝つと準々決勝では和歌山大会準々決勝で敗れた市立和歌山との再戦の可能性もある。うまく勢いに乗ることができれば3位からの下克上が期待できるだろう。

 今年も3位校が下克上を果たすのか、それとも大阪桐蔭天理龍谷大平安などの経験豊富な上位校が強さを見せるのか。17日には1回戦3試合が行われる。


【関連記事】
12球団No.1のメンツが揃う西武打線 渡部健人らスラッガーの加入で次世代も充実 【ニュース - 高校野球関連】
巨人3位・中山礼都など実力派輩出!愛知の強豪・東海ボーイズOBが見逃せない 【ニュース - 高校野球関連】
第11回 高校野球の名門校も守備のドリル化が進む。名門校3校が実践する守備トレーニング集【技術ノート 守備編】
第1298回 常勝・大阪桐蔭の礎を築いたザ・キャプテン・福井章吾は慶應大でも抜群のキャプテンシーを発揮 vol.3 【2021年インタビュー】
第166回 名手を生み出す天理(奈良)の守備の基礎練習は参考になる内容だった!【野球部訪問】
第1030回 センバツ選考も難航か 2020年もハイレベルだった近畿地区の2021を占う【大会展望・総括コラム】
第165回 「今年は不思議なチーム」天理の近畿8強への道のりと今後の課題【後編】【野球部訪問】
第164回 名門・天理はなぜ投票制、効率化を重視しながらも全国の舞台へ行けるのか【前編】【野球部訪問】
第1298回 「キャプテンをやってきてよかった」 苦悩の福井章吾(大阪桐蔭出身)を奮い立たせた西谷監督の存在 vol.2 【2020年インタビュー】
第1298回 現在の大阪桐蔭の礎を作った主将・福井章吾が中心選手になるまで vol.1 【2020年インタビュー】
第1298回 山田健太(大阪桐蔭-立教大)の気持ちを掻き立てる根尾、藤原らの存在 【2020年インタビュー】
第1283回 真の4番打者へ。元プロの指揮官が分析するスラッガー・徳丸天晴(智辯和歌山)の課題 【2020年インタビュー】
智辯学園vs大阪桐蔭【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs京都国際【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
市立和歌山vs智辯和歌山【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs天理【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs龍谷大平安【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
最後の舞台に立てなかったエースの想いを胸に 栗田勇雅捕手(山梨学院)が甲子園で躍動
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る