一軍復帰のカープ2年目の小園海斗(報徳学園出身)の進化のポイントは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.10.12

小園海斗

 ミレニアム世代の先陣を切ってルーキーイヤーにブレークした小園 海斗報徳学園出身)が11日に1軍に昇格。2020年シーズン初めて1軍に上がる形となった。

 2019年シーズンは58試合に出場して打率.213と華々しく1軍デビューを飾り実績を残した。2月のキャンプも1軍でスタートしていたが、シーズンに入ると2軍での生活が続いていた。

 しかし2軍の成績を見てみると、小園は安定した成績をマークしていることに気が付く。
58試合出場
打率.284(リーグ1位)
16打点
1本塁打
8盗塁(リーグ8位タイ)
長打率.391(リーグ2位)
出塁率.313(リーグ7位)
OPS.704
※データは10月10日時点

 ファームではあるが首位打者を走っていた小園。加えて長打も出せれば、きっちりと出塁もできるなど、2軍でしっかり腕を磨き、ステップアップしてきたのではないだろうか。

 その成長はバッティングフォームの変化殻も見て取れる。
2月のオープン戦を振り返ってみると、足を大きく上げてゆったりと間を取りながらバットのヘッドをピッチャー方向に入れてタイミングを取り、その返しを利用しながらバットを走らせて打球を飛ばしている印象があった。

 しかし9月のファームの試合を見てみると、あまり足を高く上げることなく、ヘッドの入りも小さくなった。
これまで以上にコンパクトで反動をあまり利用しないようにしたことで、よりボールまで無駄なく振れるようになったことが、打率や出塁率で結果を残せている要因だと考えられる。

 チームは今シーズン苦しんでいるが、終盤で回ってきた1軍での活躍のチャンス。
若鯉の代表格・小園がどんな活躍を見せてくれるのか。楽しみだ。

【関連記事】
森下暢仁が球団6年ぶりの新人王へ前進!矢崎拓也は初登板であわや大記録【広島東洋 ドラ1選手のルーキーイヤー】 【ニュース - 高校野球関連】
ファームで腕を磨くドラ1ルーキー・佐藤直樹(報徳学園出身) 勝負強い打撃と俊足で1軍デビューとなるか 【ニュース - 高校野球関連】
第111回 ミレニアム世代トップランナー・小園海斗の成長過程を報徳学園時代からひも解く【高校野球コラム】
第27回 歴代の甲子園を沸かせたヒーローたちが続々と上位にランクイン!人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第111回 あの名将があの高校へ!元U18日本代表監督や横浜高校など、この春にあった主な人事異動一覧 【高校野球コラム】
第1017回 激戦区・兵庫県の雄・市立西宮(兵庫)。3度の甲子園出場の歴史持つ、学業と両立するチームの強さの秘密【野球部訪問】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第72回 鮮烈だった「追い込まれてからのフルスイング」 恩師が振り返る広島・小園海斗(報徳学園出身)の高校時代の成長【恩師が語るヒーローの高校時代】
第963回 名門の道を歩んできた野球人生 転機となった台湾遠征 宮本涼太(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
第890回 「思考力×身体能力」でポテンシャルは青天井 マハチ・棚橋一生(篠栗ボーイズ) 【2019年インタビュー】
第890回 ノルマは1日500スイング!打撃向上の礎となったのは毎日の継続力 瀬尾秀太(山口東リトルシニア) 【2019年インタビュー】
第781回 世代トップを突っ走る小園の支えは「絶え間ない向上心」 小園海斗(報徳学園) 【2018年インタビュー】
第753回 打倒・韓国!日本一のショート・小園海斗(報徳学園)がかける今大会への想い 【2018年インタビュー】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs市立尼崎【兵庫県 2018年夏の大会 第100回選手権東兵庫大会】
神戸国際大附vs神戸弘陵【兵庫県 2018年春の大会 平成30年度春季兵庫県高校野球大会】
市立尼崎vs須磨翔風【兵庫県 2018年春の大会 平成30年度春季兵庫県高校野球大会】
小園 海斗(報徳学園) 【選手名鑑】
兵庫県大附 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
阪神エース格・西勇輝投手(菰野出身)!高校時代の恩師が語る、当時の西投手とは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る