三菱重工広島 75年の最後を飾る都市対抗切符を獲得!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.10.05

3年ぶり17回目の都市対抗出場を決めた三菱重工広島

 2020年11月22日(日)から12日間の日程で東京都文京区の東京ドームで開催される「第91回都市対抗野球大会」代表32枚の切符を巡り、現在全国各地で熱戦が展開されている社会人野球。予選からチーム名でなく所属都市名の代表としてで闘い、かつ本戦では補強選手制度が採用される独特の大会形式は、高校野球における甲子園と共に日本野球の一風景となっている。

 うち、一次予選を突破した8チームのうち2チームが代表権を得る中国地区予選は9月28日(月)に広島県東広島市の東広島アクアスタジアムで開幕。2グループ4チームずつに分かれての上位2位が準決勝に進出。4チームトーナメントの勝者が第1代表権、敗者復++活変則トーナメントの勝者が第2代表の権利を得る。

 そんな中、第1代表決定戦に残ったのはこの2チームだった。1つは負ければ終わりのグループリーグ最終戦で東広島市代表・伯和ビクトリーズに逆転勝ちを収めた勢いのまま、準決勝では昨年北海道日本ハムファイターズドラフト1位・河野 竜生投手を輩出した福山市・倉敷市代表・JFE西日本を10対2で撃破した広島市代表・三菱重工広島。

 もう1つはこちらも負ければ終わりのグループリーグ最終戦で昨年、2大全国大会出場の岡山市代表・シティライト岡山に2対1で競り勝ち、準決勝でも昨年、福岡ソフトバンクホークスドラフト1位の佐藤 直樹外野手がいた広島市代表・JR西日本に対し、帝京大卒ルーキーの最速151キロ右腕・廣畑 敦也が無四球完封を果たした倉敷市代表・三菱自動車倉敷オーシャンズ。

 特に最近でも大下 佑馬(東京ヤクルトスワローズ2017年ドラフト2位)、杉山 一樹(福岡ソフトバンクホークス2018年ドラフト2位)の両右腕を輩出している名門・三菱重工広島は来年より三菱重工名古屋(名古屋市)と共に三菱パワー(横浜市)、三菱重工神戸・高砂(神戸・高砂市)へ統合されることが決定済。よってスタンドには「75年目のフィナーレをドームで」を強く願うファンが数多く詰め掛けた。

【次のページ】 三菱重工広島 75年の最後を飾る都市対抗切符を獲得!(2)


コメントを投稿する

前の記事:
桐生第一が桐光学園を下しベスト4進出!【秋季関東大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る