富山、斎藤、吉田、漆原の若手投手リレー!新生・中嶋オリックスは高校野球ファン的にもわくわくする選手起用だ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.08.25

高校時代の吉田凌(左)漆原大晟(右)

 オリックス・バファローズは20日に西村徳文監督が辞任したことに伴い、2軍監督から昇格した中嶋聡監督が代行して21日の埼玉西武ライオンズ戦から指揮をとっている。

 20日まで4連敗中だったオリックスは4番ジョーンズの3試合連続ホームランの活躍などもあり、3連勝で西武との6連戦を終えた。

 幸先のいいスタートを見せている新生・中嶋オリックスだが注目したいのは中嶋監督の選手起用についてだ。

 特に23日の試合、6回裏に二死二三塁から一軍に昇格したばかりの8番杉本 裕太郎のタイムリーヒットで同点とした直後の守りで中嶋監督は今季初登板の富山 凌雅をマウンドに送り込んだ。2年目左腕は指揮官の期待に応え、この回を無失点で凌ぐと、続く8回には6年目23歳の斎藤綱紀がマウンドへ。7番中村剛也から三振を奪うも二死二三塁のピンチを招くと、今度は5年目23歳の吉田 凌をマウンドへ。吉田がこのピンチで1番木村文紀を打ち取ると、若手リリーフの奮闘に、ジョーンズの勝ち越し本塁打など打線が応え3点を勝ち越し。

 そして、3連勝がかかる最終回に送り込んだのは守護神ディクソンではなく、なんとプロ初登板でこの日1軍に昇格した育成出身の2年目右腕・漆原 大晟だった。ディクソンの3連投を避けるため、昨年2軍で抑えを務めていた漆原をこの場面で抜擢したのだ。

 漆原は連続タイムリーで2点を失うものの同点までは許さず、見事にプロ初登板で初セーブを挙げた。失点こそしたが、リードを守り切り役割を果たしたことで本人の自信にもつながることだろう。

 このように接戦の場面でも、2軍で鍛錬を積み重ねてきた若手選手を積極起用し、チームの活性化を図っている。

 また、上で名前を挙げた4投手はいずれも高校時代から評判の好投手であった。

 富山は九州国際大付の出身で3年の夏の甲子園ではエースとしてチームをベスト8に導く活躍。敗れた準々決勝では早稲田実業で当時1年生の清宮 幸太郎とも対戦している。

 斎藤は南北海道の強豪・北照のエースとして活躍。2年生時には甲子園も経験している。
 また1学年上には、同じくオリックスに入団した吉田 雄人もいた。

 吉田は東海大相模で下級生の頃から活躍を見せ、2年の夏の県大会決勝では先発し、神奈川大会タイ記録の20奪三振を記録、チームの優勝に貢献。3年次には現・中日ドラゴンズの小笠原 慎之介とともにダブルエースとして活躍し、チームの甲子園優勝に貢献した。

 漆原も新潟の名門・新潟明訓高校で1年次からベンチ入りを果たし、夏の甲子園を経験している。伸びのある直球を武器に主力として活躍したが、最後の夏は準決勝で関根学園に敗れ甲子園出場とはならなかった。

 投手起用に注目が集まるが二軍で好調だったラオウこと杉本 裕太郎徳島商出身)をスタメン起用、中川 圭太PL学園出身)を4番で起用するなど、こちらもワクワクする選手起用だ。

 

 若手が頭角を現している今後のオリックスの逆襲に期待したい。

【関連記事】
オリックスは山本の存在が圧倒的、榊原、西浦、広沢、太田が続く高卒4年目までの若手たち 【ニュース - 高校野球関連】
高校最後の夏2回戦負けから世代一のキャリアを歩む。新時代の剛腕・山本由伸(オリックスバファローズ)の最後の夏 【ニュース - 高校野球関連】
第87回 西浦 颯大(オリックス・バファローズ/右翼手) 「不完全燃焼」だった明徳義塾時代を糧に【高校野球コラム】
第49回 社会人名遊撃手の系譜をたどり、ドームで活躍誓う「高卒ゴールデンルーキー・水野達稀」【四国発】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
第35回 平野 佳寿投手(鳥羽-オリックス・バファローズ)「高校時代は2番手。だけどエースとして活躍することを期待していた」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第7回 1本でも多くの安打を打つために...伊藤 光選手(オリックス・バファローズ)がバットでこだわっていることは?【プロ野球選手の用具のこだわり】
第318回 オリックス・バファローズ T-岡田選手【後編】「T-岡田選手が球児に教える『野球の探求法』」 【2015年インタビュー】
第317回 オリックス・バファローズ T-岡田選手【前編】「野球を学び、新たな自分を創る」 【2015年インタビュー】
第315回 オリックス・バファローズ 金子千尋投手「『ハイクオリティピッチング』の変遷とベース」 【2015年インタビュー】
第268回 東京ヤクルトスワローズ 大引 啓次選手【vol.4】「現在の守備の土台となった高校時代のトレーニング」 【2015年インタビュー】
第267回 東京ヤクルトスワローズ 大引 啓次選手【vol.3】「併殺の処理の仕方&コミュニケーションの重要性」 【2015年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
16年ドラフトコンビが躍動!九鬼隆平と古谷優人の同級生バッテリーも実現!
次の記事:
【10試合公開中】早稲田実、創価なども勝利した18日の1回戦14試合を徹底レポート!【秋季東京都大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る