青森や秋田に続いて、29日に鹿児島で決勝戦が行われ、神村学園が優勝を果たした29日。他の地域でも大会が順調に進んできているが、今回は30日に行われる試合から気になる対戦カードを見ていきたい。

【宮城】
仙台育英vs仙台一

【京都】
京都成章vs龍谷大平安

【奈良】
智辯学園vs桜井

【徳島】
生光学園vs池田

 宮城では準決勝が行われ、昨秋の東北王者・仙台育英仙台一と対戦する。仙台一は秋の県大会ではベスト8まで勝ち上がっている実力を持っており、30日の準決勝も接戦が予想される。

 そして京都ではブロックの決勝戦に龍谷大平安が登場。2017年に夏の甲子園に出場した京都成章と激突するが、公式戦最終戦を勝利で飾れるか。またプロ注目スラッガー・奥村 真大の活躍にも注目だ。

 奈良では智辯学園が準々決勝に登場。2013年の夏の甲子園に奈良代表として出場した桜井と対戦する。そして徳島では2回戦で生光学園池田の対戦が実現。両校ともに徳島県内で屈指の実力を持つチームであり、緊迫の試合展開が考えられる。

◇7月30日の試合予定