決勝は盛岡大附vs一関学院!岩手県の独自大会の決勝カード決まる!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.23

【トーナメント表をチェック!】

 雨の影響でいくつかの地区では順延となっている中、岩手県では23日に準決勝2試合が行われ、盛岡大附一関学院が決勝戦へコマを進めた。

 第1試合には花巻東盛岡大附の名門同士の初回から動く。盛岡大附は初回、ランナーを1人置いたところから、2番に座る2年生・渡邊がインコースへの変化球を上手くすくい上げて先制ツーラン。さらに2回にも1点を追加して3対0と盛岡大附が主導権を握った。

 5回には中押しの1点でリードを広げると、守っては先発の石井、大久保の2人のリレー。終盤に花巻東打線の追撃を受けるも、何とか逃げ切った盛岡大附が決勝戦へコマを進めた。一方、花巻東は夏3連覇はあと少しで逃す結果となった。

 2試合目は一関学院高田の対戦。後攻の一関学院は2回にスクイズから先取点を奪うと、3回に2番・佐々木が高田先発・佐藤の143キロのアウトローの真っすぐを逆方向へ運ぶ一発。2対0と序盤は一関学院が主導権を握る。

 一方の高田は5回に1点を返すと、6回には3番・熊谷のタイムリーで同点に追いつき、そのまま延長戦へ突入。

 手に汗握る白熱の試合は12回では決着がつかず13回からタイブレークへ。先攻の高田は1点を奪って一時勝ち越しに成功したが、後攻の一関学院が一死満塁から死球で同点。そして4番・坂本がセンター頭上を超えるサヨナラ打で勝利。盛岡大附の待つ決勝戦へ勝ち上がった。

◇7月23日の試合結果

令和2年夏季岩手県高等学校野球大会
準決勝 一関学院   4  -  3   高田 岩手県営野球場 応援メッセージ (2)
盛岡大附   4  -  0   花巻東 岩手県営野球場 応援メッセージ (3)

◇7月25日の試合予定【岩手】

【関連記事】
大谷翔平が158キロを打ち第2号!日米通算100本塁打まで10本 【ニュース - 高校野球関連】
高田商vs奈良【奈良県 2020年奈良県高校夏季野球大会】
岩手で決勝戦!樟南vs神村学園、八王子vs早稲田実など26日の注目カード一覧! 【ニュース - 高校野球関連】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第227回 「地元の仲間と甲子園に行きたい」から始まった大船渡・佐々木朗希の3年間【ドラフト特集コラム】
第89回 村上 宗隆(東京ヤクルトスワローズ)高卒2年目・日本人最多本塁打達成!【高校野球コラム】
第49回 高校野球界に「中学軟式出身旋風」到来か?【101回大会特集】
鳴門vs花巻東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
花巻東vs大船渡【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
花巻東vs黒沢尻工【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
第1008回 この夏、完全覚醒へ。自己分析できる大器・西舘勇陽(花巻東) 【2019年インタビュー】
鶴岡東vs盛岡大附【2019年春の大会 第66回東北地区高等学校野球大会】
第947回 さらなるレベルアップへ。キーワードは「左腕の使い方」 岩本大地(石岡一)【後編】 【2019年インタビュー】
第945回 自省を繰り返し、高クオリティな速球派右腕へ 岩本大地(石岡一)【前編】 【2019年インタビュー】
第774回 甲子園のスターから社会人屈指の本格派へ化ける!板東湧梧(JR東日本)の進化の秘密 【2018年インタビュー】
第635回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)夏・甲子園連覇と夢実現へ。常に高い目線で【後編】 【2018年インタビュー】
一関学院 【高校別データ】
高田 【高校別データ】
高田 【高校別データ】
高田 【高校別データ】
高田 【高校別データ】
高田 【高校別データ】
高田商 【高校別データ】
高田農・高田商 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】
盛岡大附 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【東京】全試合が雨天順延 24日には昨夏8強の日大鶴ヶ丘などが登場<23日の結果>
次の記事:
【沖縄】日本ウェルネス、浦添商らが8強入り!<23日の結果>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る