7月23日開幕!香川県の独自大会の組み合わせ抽選会と開会式を開催!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.11

ソーシャルディスタンスを取って組み合わせ抽選会に臨む各校の主将

 2020年7月10日(金)17時30分より「令和2年度香川県高等学校野球大会」の組み合わせ抽選会及び開会式が香川県高松市のレクザムスタジアムで開催された。

 この日、スタジアムはあいにくの雨模様。それでも授業の関係で欠席となった香川高専詫間(本抽選順はシード校<尽誠学園大手前高松英明四学大香川西の順>を除いた34校中34番目扱い)以外の38校主将はソーシャルディスタンスを保ちつつ、予備抽選・本抽選と高校球児らしいテキパキとした動きで、高校野球集大成の対戦相手を決めていくことに。

 その中でも昨年は春夏連続甲子園出場。第101回全国高等学校野球香川大会・優勝旗の返還も行った高松商主将・長尾 和真(3年・中堅手・右投左打・171センチ65キロ・三木町立三木中出身)は第3シード・英明が同居するブロックで初戦は高松東と対戦するくじを引き「感謝の気持ちを優勝で返したい」と、2年連続夏の香川県頂点獲得へ意気込んでいる。

 また、抽選会後は簡易的な開会式も開催。香川県高等学校野球連盟・鏡原 寿吉会長らの挨拶、増田 紬希さん(坂出3年)による国家独唱の後、尽誠学園主将・菊地 柚(3年・二塁手・右投右打・170センチ66キロ・ヤング神戸須磨クラブ<兵庫>出身)が「球児の気持ちを考え自分で文章を考えて、国語の先生に見てもらった」選手宣誓を行った。

【次のページ】 7月23日開幕!香川県の独自大会の組み合わせ抽選会と開会式を開催!(2)


【関連記事】
令和2年度香川県高等学校野球大会 7月23日にトーナメント方式で開幕!大会概要も徹底解説! 【ニュース - 高校野球関連】
香川県高野連夏の県高野連独自大会を実施へ! 【ニュース - 高校野球関連】

コメントを投稿する

前の記事:
オープン戦チームトップの14安打!渡邉諒(東海大甲府出身)は田中賢介(東福岡出身)の後を受け継げるか
次の記事:
勝ちに不思議な勝ちあり?チームの健康状態を把握するOPS/WHIP①
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る