育成から支配下、そして1軍の舞台へ。急成長を遂げる注目株・長谷川宙輝(聖徳学園出身)の魅力

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.07

高校時代の長谷川宙輝

 6月19日に開幕したプロ野球。開幕をしてまもなく1か月が経過し、各チームの戦力が見えつつある。またブレークを予感させる若手選手も台頭し始めた。

 東京ヤクルトスワローズの長谷川 宙輝聖徳学園出身)はその中の1人だろう。2016年のドラフトで育成2位指名で福岡ソフトバンクホークスに入団。2019年シーズンは2軍での登板もあったが、1軍で登板することなくスワローズに移籍した。

 支配下選手として獲得されると、キャンプからアピールを続けて開幕1軍入り。開幕戦となる中日ドラゴンズ戦でも登板するなど、リリーフを中心にここまで6試合投げて防御率5.40、被安打7、奪三振6、自責点3の成績を残している。25日の阪神タイガース戦では初勝利も手に入れるなど、飛躍のキッカケを掴みつつある。

 奪三振率は10.80という驚異的な数字が残っているが、それを支える長谷川の武器はストレート。小さなテイクバックで出所の見にくいフォームから150キロ超を計測。さらにストレートと同じ軌道から沈むチェンジアップに縦に大きく変化するスラ―ブで打者を翻弄。特にチェンジアップは緩急をつけながら沈むが、ストレートと軌道が近い分、バッターは手を出さざるを得ない。

 そんな長谷川でも高校入学時は120キロそこそこで、体重も50キロとまだ線が細かった。しかし聖徳学園の中里 英亮監督との二人三脚で地道にレベルアップを重ねてきた。すると3年生になってストレートは140キロを超えるようになり、都内屈指の注目左腕までのし上がった。

 ホークスでは育成で入団したが、支配下を勝ち取れず2019年のオフにヤクルトへ移籍。そこで遂に支配下を勝ち取り、遂に1軍の舞台に上がった。コツコツと練習を重ねてきたモノが、新天地・ヤクルトで花開こうとしている。育成から支配下に上がった若き左腕がどんな結果を残すのか、今後のピッチングに注目したい。

(記事=編集部)


関連記事
山本由伸(都城出身)が世代のトップランナーに、高卒4年目の現在地
巨人から久々に誕生した高卒の本格派右腕・戸郷翔征(聖心ウルスラ学園出身)
巨人・戸郷が注目株!宮崎県出身の中位・下位指名からの活躍選手を振り返る

【関連記事】
湘南、東大にとっても貴重なプロ野球選手・宮台康平が野球人生の岐路に立つ 【ニュース - 高校野球関連】
尾花高夫氏(PL学園出身)が二軍投手チーフコーチに就任!明桜時代は多くの好投手を育てる 【ニュース - 高校野球関連】
郁文館vs聖徳学園【東京都 2020年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第119回 中学時代はベンチ外の外野手。143キロ右腕へ成長した松崎公亮(聖徳学園)のプロセス【高校野球コラム】
創価vs聖徳学園【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
聖徳学園vs明大明治【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
錦城vs都立調布南【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
都立小平vs都立桜町【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
第986回 【秋季東京都大会】立て直しを見せた国士舘、都立の健闘、底力見せた帝京 様々な色を見せた東京の秋【大会展望・総括コラム】
第970回 【秋季東京都本大会 展望】日大三、東海大菅生などが揃うブロックも!秋の都大会は超激戦が予想!【大会展望・総括コラム】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第95回 早稲田大学編「大学野球の栄華を極めた、2000年代の『WASEDA』のつながり」【後編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第417回 聖徳学園高等学校 長谷川 宙輝投手【後編】「プロ注目左腕が歩んだ道は聖徳学園ナインの道標となった」 【2016年インタビュー】
第416回 聖徳学園高等学校 長谷川 宙輝投手【前編】「中里監督とはじまったプロ注目左腕への道」 【2016年インタビュー】
聖徳学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
作新学院、青藍泰斗の初戦は?18日開幕の栃木県の独自大会組み合わせ決定!
次の記事:
目指すは「オホーツクの今宮」。好遊撃手・市川竜輝(遠軽)のレベルアップにつなげた社会人野球練習参加
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る