3季連続ベスト8以上!昨年の木更津総合の主力選手の進路は?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.21

東洋大へ進学した根本 太一

 2016年から3年連続で夏の甲子園に出場。2018年秋葉県大会ベスト8、2019年春季関東大会出場、2019年夏の千葉大会ベスト4と千葉県内では圧巻の成績を残してきた木更津総合。そんな木更津総合の主力選手の進路を紹介したい。

投手 根本 太一(東洋大)
捕手 小池 柊稀(千葉商科大)
内野手 岩井 晃介(城西国際大)
外野手 太田 翔梧(日本大)
外野手 深野 レオン(創価大)

 150キロを超える直球が持ち味の根本は東都一部の東洋大に進み、バッテリーを組んだ小池は千葉商科大へ進む。

 また高校日本代表の一次候補に選出された強肩強打の外野手・太田 翔梧は日本大に進み、活躍を目指す。果たして、この世代も先輩たちと同じく、大学で活躍することができるか注目だ。

※記事の掲載者、掲載者の現所属、記録の事実につきましては報道各社発表の新聞記事、各野球連盟が発表する大会記録、各チームの所属調査、関係者取材により確認ができたものより掲載をしております。そのため、この情報が全ての情報ではなく、情報の一部となりますことご了承ください。

関連記事
【緊急企画】母校や応援している高校の球児たちに、あなたのエールを届けよう!
21世紀枠候補校屈指の右腕・隼瀬一樹(伊香)の進化のきっかけは練習試合観戦【前編】
21世紀枠候補に選出された伊香(滋賀) 滋賀学園に金星をあげることができた理由【前編】

【関連記事】
【千葉】習志野がブロック決勝で敗退 木更津総合ら8強出揃う!<10日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
篠木健太郎(木更津総合)、1安打12奪三振完封勝利! 【ニュース - 高校野球関連】
木更津総合vs姉崎【千葉県 2020年夏の大会 2020夏季千葉県高等学校野球大会 地区トーナメント】
第1016回 戦国千葉2020がスタート。8ブロック別で注目カード、注目の逸材を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第1010回 戦国千葉2020年の勢力図を紹介!【大会展望・総括コラム】
第972回 声だけでベンチに入った選手。比護涼真(現・関東学園大)から見える木更津総合の強さ【高校野球コラム】
第1004回 地区予選から激戦の予感!千葉県春季地区予選の8ブロックの見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1097回 ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 【2020年インタビュー】
第1097回 大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】 【2020年インタビュー】
習志野vs木更津総合【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
木更津総合vs中央学院【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
木更津総合vs東海大浦安【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
木更津総合vs千葉明徳【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
第962回 東海大相模相手に深めた自信を胸にライバルたちをねじ伏せる! 篠木健太郎(木更津総合)【後編】 【2019年インタビュー】
第960回 伸びのある快速球のルーツは中学2年秋。変化球の重要性を感じた甲子園 篠木健太郎(木更津総合)【前編】 【2019年インタビュー】
第953回 18番の重みと責任を一身に背負い、早川隆久(早稲田大)は力と技で優勝に導く 【2019年インタビュー】
木更津総合 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
夏季和歌山県大会は7月18日開幕。『2020 夏 高校野球和歌山大会』で開催
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る