2018年の秋の都大会8強、2019年夏は東東京大会ベスト16と激戦区の東京都でも存在感を示した昨年の岩倉。関係者からは東東京でもトップクラスだったという声も多い。そんな岩倉の主力選手の進路を紹介したい。

投手 宮里 優吾(東農大)
投手 坂本 一樹(亜細亜大)
投手 櫛田 彪雅(大正大)
捕手 荻野 魁也(駒澤大)
外野手 安部拓海(中央学院大)

 本格派右腕・宮里、坂本、櫛田の両左腕は全員東都。さらに東東京トップクラスの強打の捕手・荻野は駒澤大とレベルが高いステージでプレーすることが決まった。果たして、卒業後はどんな活躍を魅せるか楽しみだ。

※記事の掲載者、掲載者の現所属、記録の事実につきましては報道各社発表の新聞記事、各野球連盟が発表する大会記録、各チームの所属調査、関係者取材により確認ができたものより掲載をしております。そのため、この情報が全ての情報ではなく、情報の一部となりますことご了承ください。

関連記事
巨人元編成部・三井康浩さんが語る湯浅大のドラフト指名秘話
巨人の高卒生え抜き野手は湯浅大、山下航汰の健大高崎コンビに期待
◆野球部訪問湯浅大のブレイクで2017年ドラフトを成功ドラフトに