昨年、東東京でもトップクラスの戦力を誇った岩倉の主力選手の進路は?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.19

駒沢大に進む荻野 魁也

 2018年の秋の都大会8強、2019年夏は東東京大会ベスト16と激戦区の東京都でも存在感を示した昨年の岩倉。関係者からは東東京でもトップクラスだったという声も多い。そんな岩倉の主力選手の進路を紹介したい。

投手 宮里 優吾(東農大)
投手 坂本 一樹(亜細亜大)
投手 櫛田 彪雅(大正大)
捕手 荻野 魁也(駒澤大)
外野手 安部拓海(中央学院大)

 本格派右腕・宮里、坂本、櫛田の両左腕は全員東都。さらに東東京トップクラスの強打の捕手・荻野は駒澤大とレベルが高いステージでプレーすることが決まった。果たして、卒業後はどんな活躍を魅せるか楽しみだ。

※記事の掲載者、掲載者の現所属、記録の事実につきましては報道各社発表の新聞記事、各野球連盟が発表する大会記録、各チームの所属調査、関係者取材により確認ができたものより掲載をしております。そのため、この情報が全ての情報ではなく、情報の一部となりますことご了承ください。

関連記事
巨人元編成部・三井康浩さんが語る湯浅大のドラフト指名秘話
巨人の高卒生え抜き野手は湯浅大、山下航汰の健大高崎コンビに期待
◆野球部訪問湯浅大のブレイクで2017年ドラフトを成功ドラフトに

【関連記事】
共栄学園vs岩倉【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
岩倉vs都立三田【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
【東東京大会展望】帝京、関東一、二松学舎大附など強豪ひしめく東東京は今年も熱い! 【ニュース - コラム】
第1012回 【東東京大会展望】シード校・堀越のブロックが最激戦区に!東東京は今年も熱い!【大会展望・総括コラム】
岩倉高時代には紫紺の優勝旗返還も経験 後尾和男社長(新灯印刷株式会社)が語る高校野球に打ち込む意味 【ニュース - 高校野球関連】
第7回 甲子園という強固な理念があるからこそ「もっとやれた高校野球」 岩倉高校OB・後尾和男社長(新灯印刷株式会社)【人生で大切なことは高校野球から教わった】
岩倉vs専修大附【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
第115回 「最後まで競い合う」岩倉は、夏の甲子園へ向かう戦いと同じ意識で戦える覚悟を個々に確認【高校野球コラム】
第1004回 2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第9回 神宮第二球場の思い出 ~東京五輪に始まり、東京五輪に終わる~【後編】【東京の高校野球】
第1075回 宮里優吾(岩倉)目標は千賀。伝家の宝刀・フォークを手にプロ入りの夢を目指す【後編】 【2019年インタビュー】
第1075回 宮里優吾(岩倉)最速147キロの剛腕は下積みを重ね、飛躍の瞬間を待ち続けた【前編】 【2019年インタビュー】
岩倉vs東京学芸大附【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
都立高島vs岩倉【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
第884回 主将として、攻守のキーマンとして、荻野魁也(岩倉)はさらに己を磨く【後編】 【2019年インタビュー】
第884回 経験豊富な攻守の要・荻野魁也(岩倉)のルーツを探る【前編】 【2019年インタビュー】
岩倉 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
市立岐阜商らが4回戦へ【選手権岐阜大会・17日の結果】
次の記事:
【神奈川】東海大相模、横浜が4強入り!両校は準決勝で激突<20日の結果・トーナメント表>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る