昨年、大船渡を破り、2年連続で夏の甲子園出場を決めた花巻東。そんな花巻東の主力選手の進路を紹介したい。

1番センター・向久保 怜央(同志社大準硬式)
2番セカンド・高橋凌(法政大準硬式)
3番レフト・中村 勇真(同志社大)
6番ファースト・中森 至(中央大準硬式)
投手 西舘 勇陽(中央大)
投手 野中大輔(東北学院大)
 打線は3番中村を中心に俊足、強打の選手が揃った。エース・西館はドラフト候補として注目されたが、大学4年間でドラフト上位を狙える投手を目指す。

※記事の掲載者、掲載者の現所属、記録の事実につきましては報道各社発表の新聞記事、各野球連盟が発表する大会記録、各チームの所属調査、関係者取材により確認ができたものより掲載をしております。そのため、この情報が全ての情報ではなく、情報の一部となりますことご了承ください。

関連記事
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧
松井裕樹で注目を浴びた2012年の桐光学園ナイン。その後はレギュラー全員が強豪大学へ!
奪三振率は11.55!松井裕樹はクローザーでの経験を先発で活かせるのか?