東浦・中嶋勇喜監督の思い「いつになってもいい、一度試合をさせてあげたい」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.04.21


東浦高校

 高校生活は3年しかない。その中で部活動として実際に活動でできる時間は野球の場合は、実質2年4カ月しかない。人生という長いスパンの中で考えてみたら、それは、ほんのわずかな時間でしかないかもしれない。

 しかし、10代半ばという、人間として最も感性豊かで、いろいろなものを吸収していかれる時代にとって、その1日1日はとても大切な日々となる。ことに、毎年選手が入れ替わっていく高校生のチームにとって、その1年のその代のチームはかけがえのないものである。それが、今年の3年生たちは、新型コロナウイルスという得体のしれない、見えない敵によって奪われようとしている。

 その思いはいかばかりなものなのだろうかと思う。

 「とにかく、試合をさせてあげたい。腕試しをさせてあげたい。もし、最悪の事態として夏の愛知大会ができなかったとしても、知多地区の学校だけでもいいです。やれるところで、いつになってもいいから、このチームで試合をさせてあげようと、そんな話も地区の先生方には声をかけています」

 そう話してくれたのは、今春のセンバツ大会の21世紀枠代表候補として愛知県から推薦を受けていた東浦の中嶋勇喜監督だ。

 東浦は近年、着実に力を示してきている。赴任当初は、数人しか練習に顔を出す部員がおらず、グラウンドも荒れ放題という状況だった。そんな状況から中嶋監督が率先してグラウンド整備から始め、まるでカタツムリの歩みのようにゆっくりながら、だけど徐々にチームは上へ上へと昇っていかれるようになってきたチームだ。

 そして、そんな噂を聞きつけて地域の野球少年たちが目指してくるようになった。それとともにチーム力も着実に上がってきて、地区大会を勝ち上がり春秋の県大会に進出するチームとなっていくようになった。

 前年のチームも、確実に秋と春は築を勝ち上がり県大会にも進出。そして夏の愛知大会も4回戦まで進出した。今季のチームは、そのメンバーから4番を打っていた青柳翔太君と1年生の時から大会のマウンドで投げていた伊加田光君という投打の軸が残っていた。そんなところも評価されての21世紀枠代表候補校としての県推薦だった。東海地区からの推薦は得られなかったものの、中嶋監督としては、確実にまた一つ階段を昇れたと実感していた。だから、この春からの大会は楽しみにしていた。

 愛知県の場合、公立校は2月末の休校要請を受けて、そのまま学校は休みとなり、もちろん部活動も自粛していた。そんな中で、各自が練習メニューを考えて対応してきた。そして、春休みになって、2時間ほどではあるが、集まってグラウンドで練習もできたという。東浦の場合は、他の運動部も、それぞれが時間差を作りながら、活動しかけていたところだった。

 そんな中で、「よし、何とかやれそうだ」と思いが高まってきた矢先の4月6日。結局、入学式だけが行われて、再び休校ということで、練習は自粛となった。期待に胸を膨らませていた新入生も顔合わせ程度で終わってしまった。
 「一度、気持ちを盛り上げて、『よし、やっと(野球を)やれる』と、思った矢先の2度目の休校でしたから、モチベーションが落ちていかないかということが心配です。正直、先行きはまったくわかりません。だけど、気持ちだけは切らさないようにと、連絡を取って(選手たちを)励ましています」
というのが実情だ。

 それだけに、「いつになっても、どんな形でもいいから、このチームで一度試合をさせてあげたい」というのは、指揮官の熱い思いでもあり願いでもあるのだ。

記事:手束 仁

関連記事
東浦が冬のメンタル強化の成果を示す!知多地区予選2試合を徹底レポート!【春季愛知県大会】
東浦の打線が愛産大工の5投手を粉砕!2試合を徹底レポート!【春季愛知県大会】
第126回全尾張高等学校野球選手権大会 準決勝戦 東浦vs誉を振り返る!

【関連記事】
【愛知独自大会】東浦が投手戦を制す!知多翔洋、大府らも勝利した11日の試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
東浦vs阿久比【愛知県 2020年 夏季愛知県高等学校野球大会】
愛知高校野球は2020年も見逃せない!気になるチームを一気に紹介! 【ニュース - コラム】
第4回 「球国愛知」は今年もアツい!2020年の愛知県高校野球の注目校を一挙紹介!【愛知の高校野球】
第990回 【秋季愛知県大会】中京大中京が日本一へ輝くも、各地区の猛者が実力の片鱗を見せた球国愛知の秋【大会展望・総括コラム】
第965回 【秋季愛知大会展望】伝統の私学4強に、今夏上位の至学館、星城などが絡む展開か?【大会展望・総括コラム】
第949回 【愛知大会総括】令和最初の夏の愛知は「戦国愛知」を象徴する大会だった!【大会展望・総括コラム】
東浦vs刈谷北【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
第936回 【愛知大会展望】享栄ブロックに東邦、星城、中部大一に愛工大名電と、各ブロックに実力校集まる!【大会展望・総括コラム】
東浦vs愛知産大工【愛知県 2019年春の大会 春季愛知県大会】
東浦vs内海【愛知県 2019年春の大会 春季愛知県大会 知多地区予選】
東浦vs誉【愛知県 第126回全尾張高等学校野球選手権大会】
東浦 【高校別データ】
コメント (1)
1試合でも2020.04.25 野球ファン
彼らが築き上げてきた何かを残せる場を体現させてあげたいですね。中嶋先生の考えには共感できます。誰も出口を知らない迷宮の真っ只中ですが、これからも応援します!!

コメントを投稿する

前の記事:
大阪桐蔭のような強さを求めて!星稜レギュラーが目指す理想のチーム像とは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る