巨人4番岡本和真を筆頭に、社会人野球継続4名。2014年智弁学園の甲子園メンバーはエリート揃いだった!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.23

左から大西 涼太、吉田 高彰、吉岡 郁哉、尾田 恭平

 これまで2015年の夏の甲子園を制した東海大相模。そして同年の選抜で優勝した敦賀気比。さらに2014年の夏の甲子園を優勝した大阪桐蔭のメンバーの今後を調べ、どれだけの選手がプロと社会人で戦っているのかまとめてきた。

 今回は智辯学園から、2014年の夏の甲子園出場メンバーを調べた。この世代は甲子園で岸 潤一郎がエースとしてチームを牽引した、明徳義塾に4対10で敗れている。しかし、メンバーを見ると実力者が揃っていた。

 まずプロで戦っている選手は2人。いまや巨人の4番として中心選手として活躍する、岡本 和真が世代注目のスラッガーとして3番に座っていた。また1つ下の後輩で、山田哲人2世と一時期呼ばれていた廣岡 大志が出場していた。

 そして社会人。この世代では4名が社会人へ進み、日々練習に打ち込んでいることが分かった。
1番・センター:大西 涼太(東北福祉大‐三菱自動車岡崎)
2番・キャッチャー:吉田 高彰(上武大‐セガサミー)
4番・ショート:吉岡 郁哉(法政大‐王子)
9番・ピッチャー:尾田 恭平(大商大‐JFE西日本)

 3拍子が揃ったバランスとセンスの良さを武器に1番に座っていた大西は智辯学園卒業後、東北福祉大へ進学。4年生の時に出場した全日本大学野球選手権では、指名打者として全試合出場。下位打線を担うことが多かったが、準決勝・慶應義塾大戦でホームランを放つなどの活躍で14年ぶり3回目の優勝に貢献した。

 強肩が持ち味だった吉田は上武大時代に大学日本代表に2度呼ばれている実力者に成長。リーグ戦でも3度のベストナイン、最高出塁率を受賞した。神宮大会、選手権にも出場してベスト4を経験しており、大学4年間で確かな実績を積んで社会人でプレーをしている。

 高いバットコントロールを持ち、岡本に負けない実力を持っていた吉岡は智辯学園卒業後に東京六大学の法政大へ進学。2年生の秋季リーグ戦に初出場をし、3年生の秋から本格的にリーグ戦へ出場するようになった。規定打席には到達できなかったが、4年生の秋の明治神宮大会で全国大会に初出場を果たした。

 尾田は高校時代166センチの小柄な体格だったが、高い完成度を武器にエースとしてマウンドに上がっていた。大商大進学後は2年生の秋に最優秀投手を受賞。さらに3年生の秋に最優秀投手、ベストナインのW受賞するなど実績を積んで社会人でプレーをしている。

 また明徳義塾との試合に出場した1年生が2人。1人は今年のドラフト注目右腕・村上 頌樹、もう1人がU18にも選ばれて大会MVPにもなった納 大地。ともに東洋大に進学して4年生となった。3年生だけではなく2年生には廣岡、1年生には村上に納と各学年に優秀な選手がこの時の智辯学園に揃っていたのだった。

(文=編集部)


関連記事
2015年センバツ優勝の敦賀気比から4人が社会人野球を継続!
2015年全国優勝の東海大相模の1番~5番が社会人野球を継続!
2014年の夏の甲子園優勝・大阪桐蔭。社会人で4人、プロで3人が野球を継続中!

【関連記事】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
【動画】有馬諒や桃谷惟吹など逸材が揃う 関西学生野球連盟の注目の新入生をピックアップ 【ニュース - 高校野球関連】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第243回 巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語るドラフト秘話 岡本和真はなぜ1位になったのか?【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs智辯和歌山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs神戸国際大附【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs奈良大附【奈良県 2019年秋の大会 令和元年秋季近畿地区高等学校野球大会奈良予選】
八戸学院光星vs智辯学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1014回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第496回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「絶対に打てるという自信を持てるほど練習を重ねていきたい」【後編】 【2017年インタビュー】
第494回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「4番打者として選抜優勝も自分の未熟さを実感した」【前編】 【2017年インタビュー】
第492回 智辯学園高等学校 太田 英毅選手 「目指すはセンバツ二連覇!」 【2017年インタビュー】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【青森】 春季青森県大会 組み合わせ決まる!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る