緩急駆使して3併殺は成長の証 中日・小笠原慎之介(東海大相模出身)が6回2失点の好投

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.16

中日・小笠原慎之介(東海大相模出身)

 中日ドラゴンズの先発ローテ入りが確実な小笠原 慎之介東海大相模)が、15日の千葉ロッテとのオープン戦に先発登板。オープン戦最長の6回を投げ、8安打を浴びながらも2失点と粘りの投球を見せ、開幕に向けて順調な調整ぶりアピールした。

 初回は3者凡退で滑り出したが、その後は毎回のようにピンチを背負う。
 2回、無死一、二塁とピンチを迎えるが、レアードを遊ゴロ併殺打に打ち取り、続く福田 光輝大阪桐蔭出身)も一ゴロに打ち取り無失点。
 4回にも一死満塁のピンチを招くが、ここでもレアードを遊併殺打に打ち取り、ピンチを脱す。5回は福田 秀平にセンター前をタイムリーを浴びるが、その後は中村を遊併殺に仕留めた。

 結局、小笠原は6イニングを投げて2失点。8安打を浴びたが、3つの併殺に11個のゴロアウトは成長の証だ。

 東海大相模時代は、スリークォーター気味のフォームから最速152キロの直球を投げ込み、速球派左腕として注目を浴びた小笠原。だが、プロ入り後は緩急を上手く使うピッチングにモデルチェンジし、腕の位置も高くなった。

 高校時代は、第97回全国高等学校野球選手権大会の優勝に大きく貢献し、その時に決勝で対戦した仙台育英の正捕手・郡司 裕也はチームメイトになった。甲子園を沸かせた二人が、中日ドラゴンズを押し上げていくか注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)


関連記事
菅野や勝俣、高橋優貴などが存在感 東海大系列出身のここまでの活躍は?
東浜巨、島袋洋奨、宮城大弥など、定期的にヒーローを生み出す沖縄高校野球
菅野、田中兄弟など現役の東海大相模OBは10名 高校時代の活躍も振り返る

【関連記事】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
プロ入りしなかった注目の'19甲子園球児はどこの大学・チームに進学した? 【ニュース - コラム】
石川昂弥(東邦出身)、遠藤成(東海大相模出身)が揃ってホームラン。打撃フォームから見る2人の成長 【ニュース - 高校野球関連】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
第999回 世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!【大会展望・総括コラム】
第73回 「現状に満足せず、色々なことを考えながら野球をして欲しい」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
高知vs東海大相模【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
健大高崎vs東海大相模【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs駿台甲府【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
第956回 東京ガス期待のルーキー・楠研次郎!力強いスイングを貫き、上の世界を虎視眈々と狙う 【2019年インタビュー】
第820回 まさかの日本代表選出から始まった超一流投手への道 森下暢仁(明治大) 【2018年インタビュー】
小笠原 慎之介(東海大相模) 【選手名鑑】
福田 光輝(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
東海大相模 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
松坂大輔が3回無失点。メジャー流のゾーン内で小さく動かすスタイルで復活なるのか
次の記事:
背水の7年目を迎える楽天・内田靖人(常総学院出身) OP戦は打率3割越えで待望の覚醒なるか?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る