カーブをジャストミート!上昇を予感させた広島の4番・鈴木誠也(二松学舎出身)の特大本塁打

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.08

広島の4番・鈴木誠也(二松学舎出身)

 広島東洋カープの鈴木 誠也二松学舎大附出身)が7日の埼玉西武とのオープン戦で初本塁打。ようやく4番が本領を発揮しそうだ。

シート打撃から本塁打や長打を量産するなど格の違いを見せ、首脳陣からも「仕上がりが早い」と評価されていたが、オープン戦では打率1割台と苦しんでいた。ただ、しっかりと自分のタイミングがあえばスタンド上段にもっていくパワーは脅威だ。鈴木はキャンプ中、タイミングの取り方のコツとして、「あと常に考えているのは速めにタイミングを取ること。軸足にしっかりと重心を乗せて、割をしっかりと作ったうえでタイミングを取るようにしています」
とカーブがきても体が突っ込まず、鈴木が意識している「ベストタイミング」で本塁打にすることができた。

 非常に内容が良く、上昇を予感させた鈴木のホームラン。残り数少ないオープン戦から結果を残し、最高の状態でシーズンインしていきたい。

関連記事
鈴木誠也のスイングに見る、バッティングで大事なのは飛距離だけではない
◆1軍抜擢の高卒1、2年目選手は?⇒佐々木朗希、黒川史陽、小園海斗…高卒2年目までの若手で一軍に抜擢されたのは?
戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長

【関連記事】
なぜ小園海斗(報徳学園-広島東洋カープ)は世代トップの遊撃手になれたのか? 【ニュース - コラム】
第111回 ミレニアム世代トップランナー・小園海斗の成長過程を報徳学園時代からひも解く【高校野球コラム】
現在プロで活躍する選手や甲子園のヒーローが多数ランクイン!一番見られている選手名鑑は? 【ニュース - コラム】
第27回 歴代の甲子園を沸かせたヒーローたちが続々と上位にランクイン!人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1004回 2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1140回 1年から名門・智辯和歌山の4番に座る徳丸天晴。目指すは高校通算50本塁打 【2020年インタビュー】
第11回 荒川リトルシニア(東京)自主性と感謝の気持ちを学び、人として成長させる【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第82回 二松学舎大附(東東京)編「日本球界の宝・鈴木誠也の母校!近年力を増す二松学舎大附のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
大阪桐蔭vsアーバンユースアカデミー【2011年春の大会 地域限定公式戦 交流戦】
東京都選抜vsアーバンユースアカデミー(2)【2011年春の大会 地域限定公式戦 交流戦】
日大二vs二松学舎大付【東京都 2010年秋の大会 秋季東京都高等学校野球大会本大会】
二松学舎大付vs片倉【東京都 2010年秋の大会 秋季東京都高等学校野球大会本大会】
鈴木 誠也(都立東) 【選手名鑑】
鈴木 誠也(二松学舎大附) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
春の大会のカギを握るのは鹿児島城西、樟南、大島、れいめい!だが、それを脅かす存在は?【春季鹿児島県大会展望】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る