ミレニアム世代の出世頭・小園海斗(広島東洋)は田中広輔の壁を超えることができるか?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.06

小園海斗選手(広島東洋カープ)

 平成最後の夏の甲子園を盛り上げたミレニアム世代。その中で最も出世しそうなのが小園 海斗報徳学園出身)だろう。昨年は一軍で58試合に出場し、高卒新人トップとなる4本塁打。走攻守三拍子揃った遊撃手として高く評価され、3球団から1位指名を受けた逸材だが、同級生が二軍で実力を磨く中、この台頭は素晴らしいものがある。

 そしてキャンプインした小園の姿は去年と比べても一段とたくましくなり、雰囲気が増していた。

 5日、シート打撃では速球派左腕・塹江 敦哉高松北出身)の高めに浮いた速球を逃さず、スタンドインした。小園にとって手ごたえありの一発だった。
「あそこの高めを打てるのは一番理想なのです。なかなか反応では難しいところですし。今日は良かったと思います」
 まだ何もわからなかった新人の頃。プロ1年過ごしてきて、自覚も出て、レギュラーを目指したい気持ちがわいてきた。「去年は新人ですが、今年は20歳にもなります。ショートのレギュラーを取りたい気持ちがあるので、まだまだですがキャンプでアピールしていきます」
 そんな小園の前に立ちふさがるのが田中 広輔だ。昨季はプロ入り後の最低の97試合、3本塁、打率.193に終わったが、2016年~2018年まで150安打以上、二けた本塁打2回、さらに3年連続25盗塁以上と走れて打てて守れる遊撃手として一流の領域に達している選手なのだ。

 潜在能力が非常に高く、高卒1年目からハイレベルなパフォーマンスを示している小園とはいえ、田中の壁は高い。それは小園はもちろん自覚している。
「守備の確実性という部分では 自分も勉強になります。目の前でやらせてもらっているので、聞いたりして自分も技術の向上したいです」
 そこで小園はどうアピールしたいと考えているのか。
「チャンスは少ないので、その中で積極的なプレーとかが持ち味なので、それをできるようにしたい」

 レギュラーをつかむためには1日1日が勝負。これまで周囲を驚かせるパフォーマンスでポジションをつかみとったように。これからも想像を超える活躍で、ポジションを奪い取っていく。

(記事=編集部)

【関連記事】
前田健太、大瀬良大地ら全員がシーズンで勝ち越し 過去5年の広島の開幕投手たち 【ニュース - 高校野球関連】
昨年は広島駅で後輩・小園にバッタリ 鷹のドラ1ルーキー・佐藤直樹(報徳学園出身)がOP戦で存在感を見せ続ける 【ニュース - 高校野球関連】
第72回 鮮烈だった「追い込まれてからのフルスイング」 恩師が振り返る広島・小園海斗(報徳学園出身)の高校時代の成長【恩師が語るヒーローの高校時代】
第5回 「投手を中心に高校生の指名を」スポーツライター・小関順二さんが広島東洋カープのドラフトを分析!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第963回 名門の道を歩んできた野球人生 転機となった台湾遠征 宮本涼太(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
第64回 野球が終わっても「腰が低いし笑顔が似合う」と言われてほしい 恩師が語る野村祐輔(広陵)の高校時代【恩師が語るヒーローの高校時代】
第890回 「思考力×身体能力」でポテンシャルは青天井 マハチ・棚橋一生(篠栗ボーイズ) 【2019年インタビュー】
第890回 ノルマは1日500スイング!打撃向上の礎となったのは毎日の継続力 瀬尾秀太(山口東リトルシニア) 【2019年インタビュー】
第781回 世代トップを突っ走る小園の支えは「絶え間ない向上心」 小園海斗(報徳学園) 【2018年インタビュー】
第753回 打倒・韓国!日本一のショート・小園海斗(報徳学園)がかける今大会への想い 【2018年インタビュー】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs市立尼崎【兵庫県 2018年夏の大会 第100回選手権東兵庫大会】
黒田博樹 世界を制する投球術
小園 海斗(報徳学園) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る