高卒社会人投手のドラ1・河野竜生は1年目から結果を残せるか?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.17

河野竜生

 2月1日のキャンプインまであと2週間ほどに迫った。11月のドラフト会議で指名を受けた新人たちも各球団ごとに合同自主トレを行い、汗を流している。

 そんななか、1月15日には日本ハムのドラフト1位・河野 竜生がブルペンに入った。高卒社会人の即戦力候補での入団となっているが、近年の高卒社会人投手におけるドラフト1位の投手は、どのような成績を残しているのだろうか。

 近年、高卒社会人としてドラフト1位でプロ入りした投手では、山岡 泰輔(オリックス)が結果を残している。2016年ドラフト1位で入団した山岡は、1年目から先発ローテーションを任された。8勝11敗と負け越したものの、規定投球回に到達している。2年目も7勝12敗と5つの借金があったが、規定投球回はクリア。この2年で連続しての規定到達はチームで唯一でもあった。

 3年目となった昨シーズン最高勝率のタイトルを獲得するなど、金子弌大(日本ハム)、西 勇輝(阪神)と主軸2人が抜けたあとの投手陣をしっかりと支えてきた。このオフには背番号が「19」へと変更されることも発表されえており、着々とエースへの道を歩んでいると言っていいだろう。

 同じオリックスでは2017年ドラフト1位の田嶋 大樹も高卒社会人の選手だ。1年目の序盤から6勝を挙げ新人王候補に名乗りを上げたが、肘の張りを訴え6月末に登録を抹消されてしまう。そのまま復帰することなくシーズンを終えた。2年目となった昨シーズンは、6月に復帰し10試合の登板で3勝をマークした。山岡と同じようにプロ3年目の飛躍となるか注目を集めている。

 中継ぎ陣では鈴木 博志(中日/2017年1位)が同じ高卒社会人組だ。鈴木は1年目から一時的に守護神を任されるなど53試合に登板。2年目となった昨シーズンは25試合の登板にとどまったが、3年目の今年は巻き返しが求められる。

 山岡は1年目から結果を残し、3年目にはエースクラスとなった。鈴木と田島は苦しみながらも2年目までに一軍で最低限の結果を残している。はたして河野は1年目にどのような成績を残してくれるのだろうか。即戦力候補の実力やいかに。

【高卒社会人のドラフト1位投手の1年目成績】
※過去5年
[2019年ドラフト]
太田 龍れいめい→JR東日本→巨人)
河野 竜生鳴門→JFE西日本→日本ハム)
[2018年ドラフト]
なし
[2017年ドラフト]
鈴木 博志磐田東→ヤマハ→中日)
(2018年)53試合/4勝6敗4S12H/49回/奪三振42/与四球27/防御率4.41
田嶋 大樹佐野日大→JR東日本→オリックス)
(2018年)12試合/6勝3敗/68.2回/奪三振69/与四球24/防御率4.06
[2016年ドラフト]
山岡 泰輔瀬戸内→東京ガス→オリックス)
(2017年)24試合/8勝11敗/149.1回/奪三振133/与四球54/防御率3.74
[2015年ドラフト]
なし

(記事=勝田 聡)

関連記事
◆河野竜生のインタビューを読む⇒会社・スタッフ・地域…… 「このチームで」日本一になるために
◆田嶋大樹のインタビューを読む⇒自分の道を正しいものとするために
◆山岡泰輔のインタビューを読む⇒なかなか体重が増えなかったがFUを飲みだしたら7㎏増えた!

【関連記事】
1990年生まれ最多勝・西勇輝(阪神)が開幕投手に!他の90年生まれの先発投手の通算勝利数は? 【ニュース - 高校野球関連】
2016年の鹿児島を沸かせた浜屋将太、太田龍の1998年生まれコンビに期待 【ニュース - 高校野球関連】
第1114回 「甲子園に行く」という強い信念が成功をもたらした 八方悠介(鹿児島城西)【後編】 【2020年インタビュー】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第1010回 「勝たなきゃ」より素直な「勝ちたい」気持ちを引き出す 鹿児島城西【後編】【野球部訪問】
第1008回 「冬の野球自由研究」春・そして夏の開花へ 県立城東(徳島)【野球部訪問】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
第3回 名門、公立勢の巻き返しに注目!2020年の鹿児島県高校野球をズバリ占う【鹿児島の高校野球】
れいめいvs薩南工【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿屋中央vsれいめい【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島城西vsれいめい【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
仙台育英vs鳴門【第101回全国高等学校野球選手権大会】
鳴門vs花巻東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1020回 会社・スタッフ・地域…… 「このチームで」日本一にるために  河野 竜生(JFE西日本) 【2019年インタビュー】
第1001回 強靭な握力から生まれた伝家の宝刀・ツーシーム 攻めのピッチングで聖地へ 飯島一徹【後編】 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第985回 ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】 【2019年インタビュー】
太田 龍(れいめい) 【選手名鑑】
河野 竜生(鳴門) 【選手名鑑】
鈴木 博志(磐田東) 【選手名鑑】
田嶋 大樹(佐野日大) 【選手名鑑】
西 勇輝(菰野) 【選手名鑑】
山岡 泰輔(瀬戸内) 【選手名鑑】
磐田東 【高校別データ】
佐野日大 【高校別データ】
瀬戸内 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】
鳴門工 【高校別データ】
鳴門第一 【高校別データ】
れいめい 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
選抜出場校の中学日本代表在籍数は? 大阪桐蔭や東海大相模など人気の背景も考察
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る