「この大会では心から野球を楽しむために」桑田真澄氏参加のマスターズ甲子園2019が開幕!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.09

選手宣誓に向かう桑田真澄氏

 少し肌寒い11月9日の阪神甲子園球場。高校野球の聖地に元高校球児が多く駆け付けた。この日第16回マスターズ甲子園2019が開催されたのだ。

 北は岩手・宮古、南は沖縄・浦添商、そして名門・PL学園が参加。久々に母校のユニフォームに袖を通したOBたちが一堂に集結した。

 行進ではスタンドにいる家族に手を振ったり、笑顔を見せたりしながら和やかなムードが聖地を包み込んだ。

 開会式では、選手宣誓でPL学園桑田 真澄氏が代表でホームに駆け寄り、宣誓を行った。
「我々高校球児OB一同は、聖地・甲子園のグラウンドに立つため、世代を超え力を合わせて戦ってきました。この大会では心から野球を楽しむため、スポーツマンシップに乗っ取りフェアプレーで戦うことを誓います」

 堂々たる宣言で大会はスタートし、初戦の市立浦和対岐阜県選抜から白熱の試合。この日の第2試合でPL学園利根商が対決。非常に楽しみなカードだ。

【関連記事】
昨年はPL学園OB・桑田真澄も出場した、「マスターズ甲子園」が大会中止を発表 【ニュース - 高校野球関連】
トミー・ジョン手術した堀田賢慎はどちらに転ぶ? 巨人の「高卒ドラ1投手」は両極端 【ニュース - 高校野球関連】
第10回 沖縄で着実に受け継がれる甲子園のDNA【沖縄の高校野球】
第1回 智辯和歌山 名誉監督・高嶋仁氏 ×PL学園元監督 中村順司氏 「練習時間の短縮化」と「野球人口減少」を名将たちはどう考えるのか?【変わりゆく高校野球】
第9回 球史に名を刻む名将・高嶋仁氏(智辯和歌山 名誉監督)、中村順司氏(PL学園元監督)が考える球数制限【球数制限問題】
第1080回 桑田真澄(PL学園) PLに大きく育ててもらい、そして甲子園でさらに大きく育ててもらった 【2019年インタビュー】
第950回 メジャーリーガーが全幅の信頼を寄せるウイルソン米国本社マスタ-クラフトマン 麻生茂明氏【前編】 【2019年インタビュー】
第958回 今年がラストチャンス!並々ならぬ決意で臨むPL戦士・中山悠輝(東京ガス) 【2019年インタビュー】
第882回 日本テレビ・上重聡アナウンサーが語った「松坂世代」と「未来の高校野球」への思い 【2019年インタビュー】
第538回 爆発力で勝ち取ったベスト8!チームの意識を変えて挑んだ岩倉(東京)【前編】【野球部訪問】
第835回 非日常だった甲子園での日々 高校3年間はかけがえのない思い出 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.3 【2018年インタビュー】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
東大阪大柏原vsPL学園【大阪府 2016年夏の大会 第98回選手権大阪大会】
大体大浪商vsPL学園【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
PL学園vs城東工科【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
PL学園vs上宮太子【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
大阪桐蔭vsPL学園【大阪府 2015年春の大会 平成27年度春季近畿地区高校野球大阪府予選】
桑田 真澄(PL学園) 【選手名鑑】
PL学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【選手権青森大会】百石、接戦を制す!7月13日の結果
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る