森敬斗(桐蔭学園高校)がプロ入りを果たせば42年ぶりの…?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.10

 今年のドラフト会議は佐々木 朗希大船渡高校)、奥川 恭伸星稜高校)、森下 暢仁(明治大学)の3人の投手に注目が集まっている。

 2番手グループとしては河野 竜生(JFE西日本)、立野 和明(東海理化)、太田 龍(JR東日本)、宮川哲(東芝)といった社会人の投手たちの評価が高い。

 根尾 昂大阪桐蔭高校→中日)、藤原 恭大大阪桐蔭高校→ロッテ)、小園 海斗報徳学園高校→広島)と野手に注目が集まった昨年とは様相が少しちがう。

 一方の野手で評価が高いのは石川 昂弥東邦高校)と森 敬斗桐蔭学園高校)のふたりだろう。2人はU-18侍ジャパンにも選出され「WBSC U-18 野球ワールドカップ」に出場。



森敬斗(桐蔭学園高校)

 石川は4番として、森は本職ではない中堅を守りながらリードオフマンとして、それぞれ結果を残している。ともに木製バットで結果を残すことが出来たのも心強い要素のひとつだろう。

 大本命となる佐々木や奥川、森下の抽選を外したチームが入札する可能性は大いにある。いや、単独で一本釣りを狙う球団があってもおかしくはない存在だ。

 そんな注目選手のひとりである森が実際に指名を受けプロ入りとなれば、少し珍しいケースとなる。桐蔭学園高校から大学や社会人、その他の海外リーグなどを経由せず、直接のプロ入りは1977年の渋井敬一(ヤクルト2位)以来42年ぶりのこととなるのである。

 渋井以降プロ入り選手が少なかったわけではもちろんない。

 現役の選手を見ても鈴木 大地(東洋大→ロッテ)、井領 雅貴(JX-ENEOS→中日)、茂木 栄五郎(早稲田大→楽天)、齊藤大将(明治大→西武)、若林 晃弘(法政大→JX-ENEOS→巨人)、山野辺翔(桜美林大→三菱自動車岡崎→西武)と6人もいる。

 OBでは高橋由伸(慶応大→巨人)や平野恵一(東海大→オリックス)、関川浩一(駒沢大→阪神)と実績のある選手も多い。

 これだけ多くの選手がプロ入りを果たしているにもかかわらず42年もの間、直接の入団はひとりもいないのである。

 はたして森は42年ぶりとなる桐蔭学園高校から直接のプロ入り選手となるだろうか。

文=勝田 聡

関連記事はこちらから
覚醒目前!強打の核弾頭・森敬斗(桐蔭学園)を目覚めさせた指揮官のワンポイントアドバイス

【関連記事】
【ドラフト総括・広島東洋カープ】将来性抜群の148キロ右腕・鈴木にU-18ベストナインの韮澤を指名 【ニュース - 高校野球関連】
【ドラフト総括・東京ヤクルトスワローズ】即戦力級の奥川に、中長期的な育成を視野に入れた長岡、武岡指名 【ニュース - 高校野球関連】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第238回 韓国のドラフトは日本にはない独自の制度が盛りだくさんだった!【ドラフト特集コラム】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
第1062回 韮澤雄也(花咲徳栄) 仲間に支えられ、ともに駆け抜けた最後の夏【前編】 【2019年インタビュー】
第11回 「素材重視の指名か」スポーツライター・小関順二さんが日本ハムのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第12回 「右の大砲候補を」スポーツライター・小関順二さんがオリックスのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第11回 「1位は奥川か佐々木、どちらにいくんでしょうか」スポーツライター・小関順二さんがロッテのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
石川 昂弥(東邦) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る