浦和学院vs花咲徳栄の黄金カード再び!埼玉準決勝2試合も激戦必至!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.05

井上朋也(花咲徳栄)

浦和学院vs花咲徳栄の黄金カード再び!埼玉準決勝2試合も激戦必至

 すでに関東地区は、茨城、群馬、栃木は大会が終了し、残りは山梨、千葉、埼玉、神奈川となる。今回は、その中で、埼玉県で5日に開催される準決勝2試合の見所を紹介したい。

▼第1試合 花咲徳栄vs浦和学院

 花咲徳栄vs浦和学院の過去の対戦をさかのぼると、2018年春季県大会決勝で対戦している。その時は、浦和学院が6対5で勝利した。
 ちなみに、甲子園出場がかかった2017年の夏の埼玉大会決勝では、花咲徳栄が5対2で勝利している。果たして今年の戦いはどちらが制するのか?
 花咲徳栄は、2試合連続本塁打を放っている4番・井上 朋也を中心に打線の破壊力は、今大会ナンバーワンといってもいいだろう。4強に勝ち進んだチームは全て得点力は高いが、個々の打者の能力は花咲徳栄が上回る。投手陣では左腕・高森 陽生のピッチングがカギとなる。

 浦和学院もまた、投打ともに総合力は高い。右腕・三奈木亜星、右スリークォーター気味から140キロ中盤の速球を投げ込む美又 王寿の2枚看板は強力だ。打線は、主将・金丸斗南、1番・吉田匠吾が軸となる。
 実力は拮抗しており、シーソーゲームが予想される。

▼第2試合 西武台vs川口市立

 西武台は、準々決勝で、タレント揃いの野手が揃う昌平に完封勝利。今年のチームを引っ張るのは、エース増田優真と、捕手・伊澤 走のバッテリーだ。増田の変幻自在な投球術と、その増田の持ち味を引き出す伊澤のインサイドワークと強肩に注目したい。

 

 対する川口市立は、準々決勝で春日部共栄に完投勝利を挙げたエース原口稜平が柱となる。原口は制球力が高く、130キロ前半の速球、スライダー、チェンジアップを低めに集めるピッチングで打たせて取る投球が持ち味。また、打線はスイングが鋭い選手が多く、4強まで勝ち上がってきたのも頷けるほどの総合力の高さがある。
 この試合も接戦が期待できそうだ。

◇10月5日の試合予定

令和元年度 秋季埼玉県高等学校野球大会
準決勝 花咲徳栄   2  -  1   浦和学院 埼玉県営大宮公園野球場 レポート 応援メッセージ (15)
西武台   7  -  1   川口市立 埼玉県営大宮公園野球場 レポート 応援メッセージ (6)
【関連記事】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第1136回 秋季千葉大会3完封でブレイクの竹内将悟(拓大紅陵) 関東での悔しさ糧に「野手を助けられる投手に」 【2020年インタビュー】
第999回 世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!【大会展望・総括コラム】
第1009回 健大高崎と大接戦演じた西武台(埼玉)!攻守のカギを握るキーマンたちに迫る!【野球部訪問】
健大高崎vs西武台【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
西武台vs青藍泰斗【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
花咲徳栄vs拓大紅陵【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
山梨学院vs花咲徳栄【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
第1062回 韮澤雄也(花咲徳栄) 仲間に支えられ、ともに駆け抜けた最後の夏【前編】 【2019年インタビュー】
花咲徳栄vs西武台【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
第1039回 目的意識を持った打撃練習が生んだマルチヒット 安打製造機・韮澤雄也(花咲徳栄)が意識すること 【2019年インタビュー】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
浦和学院 【高校別データ】
川口市立 【高校別データ】
西武台 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る