開成の先発・サウスポー・翁長は外角中心にストレートと緩いタテのスライダー系を混ぜてアウトの山を築く。

 一方の明学東村山は先発・山本は3回までヒットを許さなかったが、4四死球と少しボールが荒れてしまいリズムに乗れず降板。しかし、2番手・蒲原がしっかりゲームを作る。
 身体を少し傾けつつ、すぐにトップを作り右腕を振っていく。こちらも外角中心だが、テンポよくボールを投げていき、守備にリズムができる。

 両投手がゲームを作る中で迎えた3回、明学東村山9番・菊池(駿)がレフト前で出ると、1番・岡部の送りバントと2番・高木の内野安打でチャンスを作る。ここで3番・池田がライトへの犠牲フライを放ち、これが決勝点。

 1点を追う開成だったが、明学東村山から点数を奪えず1点に泣き、明学東村山が1点差で逃げ切った。

■一次予選の組み合わせとメッセージは以下より
第1ブロック  第2ブロック  第3ブロック
第4ブロック  第5ブロック  第6ブロック
第7ブロック  第8ブロック  第9ブロック
第10ブロック 第11ブロック 第12ブロック
第13ブロック 第14ブロック 第15ブロック
第16ブロック 第17ブロック 第18ブロック
第19ブロック 第20ブロック 第21ブロック
第22ブロック 第23ブロック 第24ブロック