星稜、関東一が劇的サヨナラ勝ち!ベスト8が出揃う!【第101回選手権大会トーナメント表】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.17

第101回 全国高等学校野球選手権大会  トーナメント表

■8月6日~
第101回全国高等学校野球選手権大会


 8月17日、第101回全国高等学校野球選手権大会11日目は3回戦4試合が行われた。

 第1試合の高岡商vs履正社は3回に履正社が先制。その後も順調に得点を重ねた。最終回には高岡商履正社岩崎 峻典を攻めるも2点止まりとなり、履正社の壁を超えることはできなかった。履正社が9対4でベスト8進出となった。

 第2試合の星稜智辯和歌山の試合は、均衡した試合になった。1対1のまま試合は延長へ。12回終わっても両チーム得点を上げることが出来ず、13回からタイブレークへ。そして迎えた14回、後攻の星稜6番福本 陽生が一死一、二塁からサヨナラ3点本塁打を放ち、試合を決めた。智辯和歌山は14イニングで3安打、23三振と最後まで星稜エース奥川 恭伸を捉えることができなかった。

 3試合目の敦賀気比仙台育英は3回に敦賀気比がタイムリーヒット2本で3点を先制。だが、仙台育英も負けていない。5回、6回に2点ずつ奪い、逆転。その後は両チーム共得点を重ねることができず、4対3で仙台育英の勝利となった。敦賀気比は4回からマウンドに立った大栄陽斗と1年生笹倉 世凪を捉えることができず、追いつくことができなかった。

 最後の第4試合の関東一鶴岡東の試合は9回で決着がつかず、この日2度目の延長戦へ。延長11回裏、二死から3番渋谷がライトの頭を超える三塁打を放つと、続く4番平泉は敬遠で二死一、三塁となったところで、5番平川 嶺のサヨナラ適時打。関東一が激戦を制し、4年ぶりのベスト8進出を決めた。

【組み合わせ・応援メッセージ】
第101回全国高等学校野球選手権大会

【関連記事】
オコエ瑠偉の系譜を受け継ぐ、俊足強打のセンター・重政拓夢(関東一)を見逃すな! 【ニュース - 高校野球関連】
「不安が多いです」 奥川恭伸(星稜) ドラフト1か月前に迫った心境に迫る 【ニュース - 高校野球関連】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
関東一vs拓大一【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
関東一vs淑徳【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第1050回 「奥川の持ち味を引き出すことに関しては誰にも負けない」 奥川快投の裏には必ず山瀬慎之助(星稜)がいる 【2019年インタビュー】
第616回 「興南に来て、本当に良かった」人生のスコアボードは、まだまだ続く 興南高校三年生座談会【後編】【野球部訪問】
第88回 甲子園ブラバン新神曲・國學院久我山「一本」誕生秘話  ~「歌」と「歌詞」の魅力を発揮させた「神曲」~【高校野球コラム】
履正社vs星稜【第101回全国高等学校野球選手権大会】
星稜vs中京学院大中京【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs明石商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
第1026回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
関東一 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
高岡商 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
鶴岡東 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
2019年に高校野球に舞台を移す好投手達のピッチングを紹介!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る