ライバル対決を制した八戸学院光星!青森山田を破ってベスト8進出!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.16

ライバル対決を制した八戸学院光星!青森山田を破ってベスト8進出!



武岡龍世

 3季連続の甲子園を目指す八戸学院光星が3回戦でライバル・青森山田と対戦。この顔合わせは昨秋の準決勝、そして春季県大会2回戦で実現しており、秋は八戸学院光星で、春は青森山田が勝利している。

 因縁の対決は八戸学院光星が初回に1点を失うものの、直後の攻撃で2点を奪い勝ち越し。試合の主導権を握る。

 さらに3回には1点を追加して3対1としたは八戸学院光星。そのまま試合は膠着状態に入り、7回まで進むも、八戸学院光星のドラフト候補生・武岡 龍世が貴重な追加点となる犠牲フライ。これで4対1とダメ押しをした八戸学院光星が3回戦を突破した。

 これでベスト8進出。甲子園まで残り3つ。八戸学院光星が一気に頂点に辿り着くのか。注目だ。

関連記事はこちらから
第101回 全国高等学校野球選手権 青森大会
八戸学院光星と青森山田が3回戦で激突!弘前学院聖愛は順調に勝ち上がれるか?【青森大会展望】
脈々と受け継がれる八戸学院光星の右のエース像 後藤丈海(八戸学院光星)
2019年のスター候補生・武岡龍世(八戸学院光星) その素顔と意識の高さに迫る

コメントを投稿する

前の記事:
センバツ出場の履正社が初戦突破!【大阪春季大会・14日結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る