トレード移籍の古川侑利に期待! 佐賀県出身者は少数精鋭!?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.11

 巨人の和田 恋と楽天の古川 侑利による交換トレードが成立した。和田は大砲候補として期待されていた右の外野手。一方、古川は右の先発ローテーション候補であり、昨シーズンは4勝をマークしていた。ともに1995年生まれの23歳で同い年。これからの活躍に期待がかかる存在であることは間違いない。

緒方孝市、辻発彦と優勝監督が佐賀県出身



佐賀商業出身の田中豊樹(日本ハム)

 そんな古川は佐賀県の有田工高校出身だ。2013年には全国高校野球選手権大会に出場。この大会が同校にとって初めての甲子園でもあり、2018年終了時点では唯一の全国大会となっている。2回戦で敗れたものの、エースで4番だった古川は、一部のプロスカウトから注目を浴びる存在だった。

 同年のドラフト4位で楽天入りを果たすと、1年目から一軍で登板。昨シーズンまでに31試合の登板で4勝9敗、防御率4.33と今後に期待できそうな成績を残していたのである。

 今シーズンは8試合の登板で1勝2敗、防御率6.34と結果はでていない。しかし、トレード相手である巨人戦では6回途中1失点の好投を見せていたのはおもしろい。

 さて、プロ野球界において佐賀県出身といえば、広島の緒方孝市監督、西武の辻発彦監督が有名だ。オープン戦では佐賀県で両チームの試合が組まれるほどでもある。

 現役選手で見ると厳木高校出身の宮﨑敏郎(DeNA)や三養基高校出身の濵口遥大らが主戦力としてチームを引っ張っている。その他には佐賀工高校出身の山田 遙楓(西武)、佐賀商高校出身の田中 豊樹(日本ハム)、佐賀学園高校出身の實松一成(日本ハム)が名を連ねる。

 また高校は福岡県の筑陽学園高校に進学したが、長野久義も佐賀県三養基郡出身である。

 九州地区で強豪校ひしめく福岡県や沖縄県と比べれば、プロ野球選手の輩出は多くない。しかし、少ないながらも現役監督がふたりおり、タイトルホルダーやローテーション投手も存在している。まさに少数精鋭といったところだろうか。

 古川も同郷の先人たちと同じように名前を残すことができるだろうか。新天地での活躍に期待がかかる。

<今シーズン成績>
古川侑利(楽天)
8試合/1勝2敗/38.1回/奪三振31/与四球21/防御率6.34
※数字は2019年7月10日終了時点

(取材・勝田 聡)

関連記事はこちらから
古川が先発した2013年夏の甲子園1回戦、大垣日大(岐阜)戦のレポート
有田工業の2回戦、常葉菊川(静岡)戦のレポート
【ドラフト2013】 高校通算55発砲・和田恋(高知)ずっと恋してた巨人から相思相愛の2位指名!

【関連記事】
甲子園出場の後輩に負けるな! 不振の東海大相模高校OBたち 【ニュース - 高校野球関連】
鈴木誠也、西川龍馬、床田寛樹 最後の夏に未出場の同級生3人で勝利をもぎ取る! 【ニュース - 高校野球関連】
第1012回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第632回 お前たちが変わるために俺が動いた 元プロ監督の挑戦  東大阪大柏原【前編】【野球部訪問】
第939回 佐賀商、佐賀学園が筆頭校!私学公立を引っ張る対抗馬はどこか!?【大会展望・総括コラム】
第94回 早稲田大学編「スター選手から名監督まで、彩に満ちた『WASEDA』のつながり」【前編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第77回 松坂世代の現在 現役を続けている選手 指導者になった選手【高校野球コラム】
第93回 佐賀商と佐賀北が果たした全国制覇が輝き佐賀県の歴史も立ち位置も変えた【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第186回 東北楽天ゴールデンイーグルス 則本 昂大投手 【2014年インタビュー】
第173回 読売ジャイアンツ 菅野 智之 投手 【2014年インタビュー】
第172回 ボストン・レッドソックス 上原 浩治 投手 【2014年インタビュー】
常葉菊川vs有田工【第95回全国高校野球選手権記念大会】
有田工vs大垣日大【第95回全国高校野球選手権記念大会】
上原浩治のピッチング・メソッド
古川 侑利(有田工) 【選手名鑑】
和田 恋(高知) 【選手名鑑】
有田工 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
帯広大谷が武修館に勝利!ベスト4が出揃う!【春季北海道大会・2日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る