健大高崎高校出身・山下航汰の武器は足ではなく長打力

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.08

 7月5日、巨人の山下 航汰が支配下登録された。高卒1年目の山下は今シーズン、二軍で53試合に出場し、打率.316(177打数56安打)、3本塁打、18打点の結果を残しており順当な結果といっても差し支えはないだろう。ここからは一軍昇格を目指して戦っていくことになる。

2年春の選抜で2本の満塁本塁打



高校時代の高橋純平

 さて、そんな山下は高崎健康福祉大学高崎高校、通称「健大高崎」出身だ。健大高崎といえば、圧倒的な走塁を武器とする「機動破壊」が有名。俊足揃いの選手たちが、縦横無尽に塁上をかき回すイメージがあるかもしれない。

 しかし、山下は俊足タイプの選手ではない。高校通算75本塁打を記録している長距離打者である。その名が一躍有名になったのは、2年春(2017年)の選抜高等学校野球大会のことだった。

 2年生ながら主軸を務めた同大会で2本の満塁本塁打を放つなど、合計11打点。1大会2満塁本塁打は史上2人目の快挙だった。甲子園に駒を進めたのは3年間でこの1回だけだったが、十分なインパクトを残している。

 2018年のドラフト会議では支配下指名されることがなかったものの、巨人から育成1位で指名されプロ入りを果たした。それから1年経たずして支配下登録を勝ち取ったのである。

 巨人の外野を見渡すと丸 佳浩、亀井善行、重信慎之介ら左打ちは揃っている。右打ちは陽岱鋼、アレックス・ゲレーロがいる。いずれも実績のある選手たちばかり。支配下登録を勝ち取る以上にその壁は厚いだろう。

 しかし、次世代の若手外野手と呼べるのは26歳の重信くらいなもの。現時点で18歳の山下は次世代というよりも、さらにその次の世代になる。早い段階で一軍に定着し、レギュラーを獲得できれば、長きに渡りチームを支える存在となることは間違いないだろう。

 これからの数年でどれだけレベルアップするのか楽しみだ。高卒育成指名からのスピード出世を果たした山下の未来から目が離せない。

 ※数字は2019年7月5日終了時点

(取材・勝田 聡)

関連記事はこちらから
通算75本塁打の礎を作った中学時代と高校1年時の打撃改造 山下航汰(健大高崎)【前編】
目指すはトリプルスリー!研究心豊かなスラッガー・山下航汰(健大高崎)【後編】
高崎健康福祉大学高崎高等学校(群馬)「機動破壊は打つチームほど完成に近づく」

【関連記事】
第1102回 目指せ世代ナンバーワン左腕&辻内崇伸超え!大型左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)の育成計画【後編】 【2020年インタビュー】
【2017年春の甲子園】大阪対決となった決勝戦で藤原恭大が2本塁打 【ニュース - 高校野球関連】
ドラフト当日はマスコミ対策?球数制限についての槙原寛己氏(元巨人)の意見も聞いてみた! 【ニュース - コラム】
第5回 無理は禁物だが、連投できることもその投手の強みになる 槙原寛己氏【後編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
第4回 全国のレベルを痛感しつつ、自信も深めた2年時の甲子園出場 槙原寛己氏【中編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
第11回 「沖縄全体で強くなっていこう」という、指導者たちの強い意志【沖縄の高校野球】
第991回 大混戦を勝ち抜き京都翔英が優勝を飾った秋季京都大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第3回 入学当時は甲子園出場は厳しいだろうと思っていた 槙原寛己氏【前編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
第946回 ホームランへのこだわりを秘め、プロ入りを視野に新たな挑戦も 山下航汰(京都外大西)【後編】 【2019年インタビュー】
第944回 9年ぶりの甲子園へ!名門復活を託された主砲・山下航汰(京都外大西)【前編】 【2019年インタビュー】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第772回 目指すはトリプルスリー!研究心豊かなスラッガー・山下航汰(健大高崎)【後編】 【2018年インタビュー】
上原浩治のピッチング・メソッド
山下 航汰(京都外大西) 【選手名鑑】
山下 航汰(健大高崎) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
神奈川大会が開幕!始球式のマウンドには元横浜高校監督の渡辺元智氏があがる!
次の記事:
延長11回の接戦にコールドゲーム!愛知大会1回戦と2回戦の計3試合を徹底レポート!【愛知大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る