巨人・松原聖弥は育成指名からのシンデレラストーリーとなるか?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.11.12

 11月8日、巨人対MLBオールスターチームのエキシビジョンマッチが東京ドームで行われた。MLBオールスターチームには一塁ベースコーチとして松井 秀喜氏も参戦。原辰徳監督と談笑する場面も見られ、久々の再会を楽しんだようだ。

松原聖弥が原監督へアピール



松原聖弥は仙台育英から明星大を経て、2016年育成5位で巨人に入団

 この試合で巨人は多くの若手選手が出場し、それぞれが原監督へアピールを行った。なかでも印象に残ったのが育成契約から支配下登録を勝ち取った松原聖弥だ。代打で登場した松原はその打席でなんとランニング本塁打。つづく打席でも一塁強襲安打を放ち、2打席連続安打となった。公式戦における一軍出場のない松原にとって、この試合は貴重なレベルアップ、そしてアピールの場所になる。この好結果は大きな財産となるはずだ。

 その松原は仙台育英から明星大を経て、2016年育成5位で巨人に入団している。仙台育英では3年夏に甲子園へと出場するが、自身はベンチ入りを果たすことができなかった。その後、プロ志望届を出すこともなく進学を選択。明星大時代は首都大学リーグ二部で結果を残したものの、全国的な知名度はなくドラフトにおいても大きな注目を浴びていたわけではない。

 しかし、育成指名されてから結果を残し続け、2年目となる今シーズンの7月に期限ギリギリで支配下登録を勝ち取った。そしてエキシビジョンマッチとはいえ、メジャーリーガー相手に結果を残すに至っているのである。

 ここまでの活躍はシンデレラストーリーの序章と言ってもいいだろう。この勢いで激戦区となりそうな外野の開幕一軍、そしてレギュラー争いにも加わっていきたいところだ。

 松原のように強豪校出身でもベンチ入りできず、大学時代にも全国的には無名、そして育成指名でのプロ入りだったとしても、本人の努力しだいで争いの舞台に立つことができるのである。

 今年のドラフトでも育成ドラフトで21名の選手が指名を受けた。プロ入り時の評価は高くなかったかもしれない。しかし、決して諦めることなく、シンデレラストーリーを目指してほしい。

(記事=勝田 聡)

【関連記事】
多くの若手指導者も慕う杉山繁俊監督(東海大福岡)の指導哲学に迫る!【前編】 【ニュース - コラム】
第56回 柔軟で緻密、そして「考える」ことこそが杉山野球の真髄 杉山繁俊監督(東海大福岡)【前編】【名将たちの言葉】
菅野智之によって切り開かれた2000年代の「TOKAI」の黄金期に迫る! 【後編】 【ニュース - コラム】
第96回 東海大学編「菅野智之によって切り開かれた縦縞の黄金期」【後編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第96回 東海大学編「原貢氏によって築かれた『首都の盟主』のつながり」【前編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第96回 春夏合わせて4度の全国制覇!名選手が多数生まれた東海大相模(神奈川県)のつながり!【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第94回 早稲田大学編「スター選手から名監督まで、彩に満ちた『WASEDA』のつながり」【前編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第173回 読売ジャイアンツ 菅野 智之 投手 【2014年インタビュー】
第172回 ボストン・レッドソックス 上原 浩治 投手 【2014年インタビュー】
上原浩治のピッチング・メソッド
原 辰徳(延岡学園) 【選手名鑑】
原 辰徳(東海大相模) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

次の記事:
徳島インディゴソックス ジェフリー・ヘルナンデス投手158キロ! 夢のNPB入りへ一歩前進!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る