優勝した天理

トーナメント表
奈良大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 奈良大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
奈良TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 2022年第104回全国高校野球選手権奈良大会は28日、決勝が行われ、天理が21対0で生駒を破り、春夏連続で、5年ぶり29度目の夏甲子園出場を決めた。

 天理は初回、4番・内藤 大翔内野手(3年)の内野安打で1点を奪うと、山村 侑大捕手(3年)が左中間へ2点適時二塁打を放って、この回3点を先制した。

 2回には戸井 零士内野手(3年)の左前適時打などで2点を追加。3回にも4連打などで5点を追加して試合を決めた。4回には1年生の松本 大和内野手が右翼芝生席へ2ランが飛び出すなど6得点。その後も攻撃の手を緩めることなく、5人が猛打賞をマークする22安打21得点で圧勝した。

■7月28日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 奈良大会

第104回 全国高等学校野球選手権 奈良大会
決勝 天理 21  -  0    生駒 佐藤薬品スタジアム(奈良県立橿原公苑野球場) 応援メッセージ

■大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 奈良大会