トーナメント表
西東京大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権大会 西東京大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
東京TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 9日に開幕した第104回全国高等学校野球選手権西東京大会は大会6日目を迎え、連日熱戦が繰り広げられている。15日には昨秋の東京大会を制しセンバツ4強の國學院久我山、今春4強の日大三八王子などが登場する。

 センバツで4強に入った國學院久我山下川邊 隼人齋藤 誠賢に注目したい。下川邊はセンバツでも本塁打を放った長打力はもちろん、遊撃手としても広い守備範囲を誇る。野球センスが光る齋藤は走攻守でチームを引っ張る。中堅手として、長打性の打球に追いつきチームのピンチを救ってきた。春に果たせなかった全国制覇に向け、まずは西東京の頂点を狙う。

 日大三は持ち前の得点力をどこまで発揮できるか。富塚 隼介、朝倉大聖といった中軸がチームの得点を叩き出す。チームを支えるのは扇の要、川崎 広翔。遠投110mの強肩が際立つ。自慢の打線をひっさげ、夏の甲子園を狙う。

 今夏のダークホースとして注目されているのが八王子。注目の投手、星野 翔太は最速146キロを誇る大型右腕。春は制球が乱れ力を発揮できなかったが、復調すれば対戦校の脅威になることは間違いない。

 15日は他にも創価桜美林などの実力校が登場する。また、16日には東海大菅生早稲田実業などの試合が予定されている。

 3回戦に突入した西東京大会はさらなる盛り上がりも見せるだろう。

■7月15日の試合

トーナメント表
西東京大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権大会 西東京大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
東京TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ